ういろうの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

ういろうの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方

ういろうは愛知県名古屋市が名産のお菓子になります。ういろうはうるち米を使用している米粉から出来ている練り菓子になります。もちもちした触感がありすあまと似ています。ういろうの糖質量やカロリーはどのくらいなのでしょうか。ご紹介していきます。

ういろうの糖質量

ういろうの糖質量は100gあたり42gであります。水ようかんが100gあたり10gで、すあまが100gあたり62gとなっていますので、その中間くらいの糖質量です。

ういろうのカロリー

ういろうは小さめの1個80gあたりで98kcalとなっています。間食に食べるのであれば二つくらいが目安になります。ようかんやすあまと比べるとういろうのカロリーは若干低めですが、それでも一つで100kcalはありますので高カロリーなお菓子となっています。一切れが小さいこともありいくつも手が伸びます。

ういろうのダイエット効果

炭水化物で栄養補給

ういろうに含まれている原料はうるち米や小麦粉などの穀物類になります。炭水化物がメインになってきますので、エネルギー源としてはいいでしょう。ほとんど炭水化物で構成されているといえるお菓子です。あとは砂糖などが入っていますので、糖質制限中に栄養補給に食べるのにはあまり向かないでしょう。

糖質制限ういろうで工夫を

ういろうは小麦粉や米粉と砂糖を混ぜて固めたお菓子で簡単に安価で出来るのですが、栄養分ではいまひとつ足りません。ですので、ういろうに入れる水を牛乳や豆乳にしてみたり、小麦粉や米粉を大豆粉などにすると栄養バランスが良くなります。

飲み物は豆乳

ういろうを食べるときには、お茶などでもいいのですが、子供さんなどで栄養バランスを考えるときには豆乳をおプラスするといいでしょう。たんぱく質なども取れます。

糖質制限ダイエット中にういろうを食べる時の注意点

食べる量に注意

ういろうは一切れで70kcal近くありますが、小さいのでいくつでも食べられるという特徴があります。ういろうさん切れほどで100gになります。糖質量は40gを超えていますので、一食でとるべき糖質量をういろう三つで摂取することになりますので、注意が必要です。ういろうを食べるのであれば、一切れでおいておくのがいいでしょう。

米粉・小麦粉・砂糖で高糖質

米粉や小麦粉や砂糖から出来ているういろうはエネルギーを補給するのにはいいのですが、他の栄養素というのはあまり含まれていません。ですので、ういろうばかり食べるというのは栄養が偏る可能性もあります。

 

また小麦粉が含まれている場合にはグルテンによって食欲増進効果もありますので、多くの量を食べてしまわないかということも心配されます。ういろうは糖質制限ダイエット中には避けた方がいいかもしれません。もし食べるのであれば糖質を燃焼させる効果のあるビタミンB群などを含む食品を一緒に取りましょう。

糖質制限ダイエット中のういろうの効果的な食べ方

糖質制限ういろう

ういろうをつくるのであれば、小麦粉や米粉の代わりにおからパウダーなど大豆の粉を使うとたんぱく質が取れます。おからパウダーはさらさらしていますので、かたまりにくいかもしれません。一緒に入れる砂糖なども、ラカントなどの少ない量で甘みを強く感じるものに変更するのもいいでしょう。

おからのういろう

  • おから
  • 牛乳
  • 片栗粉
  • 黒砂糖
  • 寒天パウダー

 

おからでつくるういろうで糖質をカットします。小麦粉を使うと粘りが出ますが、代わりに片栗粉と寒天パウダーで代用します。片栗粉にも糖質は含まれていますが、じゃがいものでんぷんは難消化性といわれていますので、実際には吸収される糖質量は少なくなります。

 

糖分には黒砂糖などもいいでしょう。ミネラル分が豊富なので、栄養バランスも良くなります。牛乳を入れることでカルシウムやたんぱく質も補えます。すべてを混ぜて型に流し込み冷蔵庫で冷やせば完成です。

低カロリー・低糖質のういろうでダイエットを成功させよう

ういろうは小麦粉と砂糖と水で出来るお菓子なので簡単に作れます。おやつにういろうを食べる場合には他の栄養素も取れるようなおやつをプラスすることをお勧めしたいです。ういろうを一緒に食べるのであれば、コーヒーをいただくといいでしょう。

 

コーヒーのクロロゲン酢酸が血糖値の上昇を緩やかにします。また緑茶のカテキンも血糖値の上昇を抑えますので、いいでしょう。三時のおやつ時には、ういろう一切れと緑茶という組み合わせにすると血糖値も急上昇せずに、中性脂肪としてつきにくくなるでしょう。

 

ういろうはそれだけだと血糖値を大きく上げてきますので、脂肪がつきやすくなります。食べすぎには注意してください。自分で低糖質のういろうを自作するのもいいでしょう。ういろうをいただくときには、小さく切って30分おきに一つ食べるというのもいいでしょう。ゆっくり食べることで満腹になったと脳が感じるようになります。

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加