白ワインの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

夏の暑い時期にはスッキリとした白ワインは飲みやすく非常に人気が高いと言えます。しかし、赤ワインに比べると健康効果は低いのではと思われることも多いようです。では、特に糖質制限ダイエット中には白ワインは飲んでも良いのでしょうか?

実際、白ワインのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、白ワインのカロリー・糖質量やダイエット中に白ワインを飲む際の注意点などを解説します。

白ワインの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、白ワインは次のものが原料(材料)として使われています。

 

  • ぶどう(色の淡いもの)

 

特に白ワインは、色の淡いぶどうを使用し、皮を取り除いて果汁だけで発酵させて、出来上がります。ぶどう(生)には糖質が15.2g程度含まれています。これが、白ワインになりますと、1杯(100ml)にはおおよそ2.0g程度の糖質が含まれるようになります。赤ワインが1.5gですから、若干ですが糖質が多めと言えます。

このように白ワインは、一般的には、糖質はかなり低いと考えてよいわけですが、何杯か飲む人は注意が必要です。

白ワインのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして白ワインのカロリーはどうなのでしょうか。

白ワインのカロリーは1杯あたりだいたい72.9kcalほどです。これは赤ワインとも同等のカロリーです。他のお酒と比べると、日本酒は100kcal前後、焼酎やウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒は200kcal越えですから、ワイン全般のカロリーはそれほど高くはないと言えます。

どちらにせよ、お酒に含まれるカロリーはエンプティカロリーと言って、体内で優先的に使用され、脂肪になっていかないカロリーですので、白ワインのカロリーを特に気にする必要は無さそうです。

 




白ワインのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな白ワインですが、上手に白ワインと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。赤ワインの健康効果とはまた少し違う白ワインの効用を考えてみましょう。

ここからは白ワインが持つダイエット効果についてご紹介します!

白ワインは生ものに合う

白いワインは「牡蠣」が合うと言われることもあります。それもそのはず、白ワインは殺菌効果が高く大腸菌やサルモネラ菌を防ぐことができます。この殺菌力は赤ワインよりも白ワインの方が高いそうです。これは、白ワインの付け合わせには生もの、刺身やカルパッチョ、魚や貝などがよく合うということを意味しています。これらの食品はカロリーが高くはありませんし、糖質でもありません。白ワインに合うものを選んでいくと、とりわけ健康的な食事メニューとなるはずです。

塩分による害をおさえてくれる微量栄養素が豊富

白ワインは、ぶどうの果汁を原料にしていますので、果物に含まれる微量栄養素がしっかり含まれています。カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガンなどです。

皮をそのまま発酵させている赤ワインにはかなわないものの、白ワインも「カリウム」が豊富です。100ml中60㎎のカリウムが含まれています。カリウムは、焼酎やウォッカなどの蒸留酒にはほとんど含まれていないものです。カリウムはナトリウムと拮抗関係にある微量栄養素です。日本人の食事はとかく塩分が多くなりすぎるものですが、カリウムを豊富に含む白ワインを飲んでいると、塩分の害を相殺してくれます。このバランスが良くなると身体の新陳代謝が活発になりますので、ダイエットにも効果的と言えます。

糖質制限ダイエット中に白ワインを飲むときの注意点

糖質制限にはとりわけ適していると言われるワインですが、やはりお酒ですので、飲み過ぎると太らないわけではありません。特に糖質制限ダイエット中は気をつけて白ワインを飲む必要があります。

飲み過ぎに注意

白ワインの健康効果を言い訳にして、毎日一本ボトルを空けてしまうくらい飲む人もいます。しかし、白ワインの適量は1日に180mlから200mlと言われています。グラス1杯で125mlですから、2杯未満が適量です。白ワインは、赤ワインよりも若干ですが糖質も多いですし、甘口の白ワインの場合は糖分もいくらか含まれていますので、飲み過ぎるなら太りやすくなると言えます。

糖質の高いものとの食べ合わせに注意

もちろん、お酒だけで太るというよりも、晩酌で太る人は、おつまみやおかずを食べ過ぎるようです。フランス料理店やイタリア料理店では、白ワインと一緒に、海鮮ピザや魚介類パスタなどが出るものですが、いくら白ワインの成分が体によいとはいえ、糖質が高い食品をどんどん食べれば、体には脂肪が蓄えられていくことになります。健康に良いものを飲んでいるという自覚があると、食べ過ぎてしまうことがありますので特に注意が必要です。

ゆっくり飲む

上述のように、飲み過ぎ、食べ過ぎを防ぐためにも、1杯か2杯の白ワインをゆっくり飲むという習慣をつけるのは大切です。ペースが速くなると、酔いから食欲増進してしまい、飲み過ぎ、食べ過ぎになってしまいます。会話を楽しみながら、または映画などを楽しみながら1時間~2時間かけてゆっくり飲むというのを意識しましょう。

 




糖質制限ダイエット中の白ワインの効果的な飲み方

白ワインは糖質制限にぴったりのおかずを美味しく食べ飲みできますから、上手にメニューを考えますと、素晴らしい糖質制限ダイエットのお供になります。では、糖質制限中の白ワインの効果的な飲み方とはどんなものでしょうか

甘口ではなく辛口を選ぶ

白ワインはその製法から味が少し変わります。発酵を途中で止めて糖分を残すと甘口、最後まで発酵させると辛口になります。白ワインはスッキリ辛口のイメージがありますが、中には女性に人気のフルーティーな甘みを売りにしているものもあります。甘いわけですから、当然、糖分が含まれています。糖質制限をしている人は辛口の白ワインを選ぶのが良いでしょう

生魚や貝類などのシーフードおかずと一緒に

白ワインには特に魚介類(シーフード)が良く合います。これは、前述のように、白ワインには高い殺菌効果があり、生ものを食べても安全だからです。また、赤ワインと同じようにチーズやお肉、お魚などの高タンパク質な食材が適しています。
太るのはカロリーというよりも、糖質がたくさん含まれる食材を、たくさん食べることです。パスタやピザ、パエリアなど、白ワインに合いそうなメニューは少なからずありますが、できれば糖質を抜くようにして、おかずを選んでいきましょう。

白ワインの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は白ワインの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に白ワインをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように白ワインは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加