せん茶のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなせん茶)ですが、上手にせん茶と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。
ここからはせん茶が持つダイエット効果についてご紹介します!

カフェインによるダイエット効果

せん茶にはカフェインが含まれていますが、このカフェインにはいくつかのダイエット効果があると言われています。ひとつは、脂肪燃焼作用で安静していてもカフェインによって脂肪を燃焼してくれます。そして、運動によるダイエットのサポートをしてくれます。カフェインを摂取して運動をすることで脂肪の燃焼効率を向上してくれます。
さらに、交感神経を刺激してくれるため食欲抑制効果も期待できます。食べ過ぎを防止することでリバウンド予防にもなります。
せん茶にはカフェインが多く含まれていることは皆さんご存知でしょう。カフェインといえば眠く

タンニンによる脂肪分解効果

せん茶の渋味の元となっているのがタンニンです。ポリフェノールの一種であり、これは脂肪を分解してくれる効果があります。近年では欧米化の食事を摂る人が増えて、脂肪過多となるケースが少なくありません。その脂肪を分解してくれるため、食事中・食後に飲むことでタンニンのダイエット効果をより高めてくれます。またタンニンを少しでも多く抽出したいのならば、熱いお湯を注ぎ時間を置いておくとよりタンニン濃度の高いせん茶にできます。

糖質制限ダイエット中にせん茶を飲むときの注意点

せん茶は糖質だけでなくカロリーも低いため糖質制限ダイエットのときに利用する最適なドリンクの一つだと言えます。ただし、油断をしていたらダイエットの失敗に繋がるケースも出来てきます。ここではその注意点に触れていきます。

冷やして飲まないこと

せん茶はダイエットに良いとして夏場には冷たく冷やして飲まれる人は少なくありません。確かに汗をかいた後の冷たいお茶は格別なものです。しかし、冷たいものを摂取しすぎてしまうと体も冷やしてしまいます。特に内臓機能が低下し、それに伴って新陳代謝も低下してしまいます。下手したら体調そのものを崩してしまうこともあります。それはダイエットにも大敵となるものです。なるべく、温かいものか常温のものを飲むように心がけた方が良いでしょう。

お茶菓子は厳禁

せん茶を飲むとき、どうしてもお茶菓子を食べたくなるものです。いくらせん茶には糖質・カロリーがゼロに近いからと言って、お茶菓子を食べていたのならばダイエット達成には程遠くなります。そのため、基本的にはお茶菓子は厳禁となります。ただし、どうしても口寂しいと思ってしまうならば、糖質の少ないものを食べるようにすると良いでしょう。例えば、比較的にカロリー・糖質の少ないお漬物。お茶菓子ではなくお茶請けにすることで口寂しさを紛らわすことができます。

睡眠前は控えましょう

ダイエットで重要なのは規則正しい生活をすることです。特に睡眠のリズムは崩さないようにしなくてはなりません。睡眠不足は、理性のリミッターが外れやすく今までのダイエットが無駄になってしまうこともあります。そして、せん茶にはカフェインなど交感神経を刺激する成分が含まれています。もしも、睡眠前に大量に摂取してしまうとその作用によってなかなか眠れなくなる可能性がでてきます。そのため、睡眠前のせん茶は飲まない、もしくは、飲み過ぎないように心がけましょう。