甘酒の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

日本で昔から愛されてきた伝統的な飲み物である甘酒。その栄養成分の豊富さは「飲む点滴」と言われるほどです。なお、甘酒は米麹や酒粕から作られており、素朴で濃厚な甘みが特徴です。それでは甘酒はダイエット中でも飲んでいいのでしょうか。

実際、甘酒のカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、甘酒のカロリー・糖質量やダイエット中に甘酒を飲む際の注意点などを解説します。

甘酒の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、甘酒は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 米麹

このうち糖質が含まれるものは、「米」に7g、「米麹」に7g程度含まれています。つまり、甘酒1杯にはおおよそ15g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

甘酒のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして甘酒のカロリーはどうなのでしょうか。

甘酒のカロリーは1杯あたりだいたい70kcalほどです。

なお、甘酒は湯呑1杯分で約70kcal、同僚のご飯に比べればカロリーは約半分です。しかし、米や米麹などの炭水化物を原料としているため、他の飲み物に比べればカロリーは決して低くはありません。また、市販の甘酒の中には甘みを出すため、砂糖を加えているものもあります。甘酒を飲む時には含まれている原料や量に注意することが必要です。




甘酒のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな甘酒ですが、上手に甘酒と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからは甘酒が持つダイエット効果についてご紹介します!

①ビタミンB群で脂肪の燃焼を促進する

甘酒には豊富な栄養が含まれていますが、その中でも特に注目しておきたいのはビタミンB群です。このビタミンB群は脂質などの代謝をアップするはたらきがあります。脂肪の燃焼を助けてくれるため、肥満を抑制し太りにくい体を作ってくれます。また、ビタミンB群は体内でいろいろなエネルギーを作り出すのを助けるはたらきも持っており、疲労回復にもよい成分です。ビタミンB群を摂取することで、より効果的にダイエットを行うことができるのです。

②酵素で代謝を助ける

甘酒には約100種類以上もの酵素が含まれています。この酵素は体内での代謝に欠かせないものです。その中でもリパーゼという酵素は脂肪分解酵素と呼ばれ、その名のとおり脂肪を消化し分解してエネルギーにするというはたらきがあります。また、酵素は腸内環境を整え老廃物の排出を促すデトックス効果も持っているため、便秘などダイエット中に起きやすいトラブルの解消もできます。甘酒を飲んで酵素を取り入れることで、ダイエットへの様々なメリットが期待できます。

糖質制限ダイエット中に甘酒を飲むときの注意点

甘酒にはダイエットにも効果的な様々な栄養や成分が含まれていることがわかりました。しかし、このような甘酒でも飲み方を間違うと、ダイエットの敵になってしまうこともあります。どんな点に注意すればいいのか、次に確認していきましょう。

①酒粕入りのものはアルコールに気を付ける

甘酒には米麹を主原料にして作るものと、酒粕を主原料として作るもの、大まかに2種類のタイプがあります。米麹が主原料のものは製造の過程で微量のアルコールが発生することがありますが、1%未満であるためソフトドリンクという扱いになります。一方、酒粕が主原料のものは、酒粕自体にアルコールが含まれており、製造後もアルコールが残るため、お酒の扱いとなります。米麹と酒粕、どちらが主原料であっても栄養が豊富であることは変わりませんが、ダイエット中はお酒を控えている方も多いでしょう。甘酒を飲む時には、アルコールが含まれているか、確認するようにしましょう。

②飲み過ぎない

甘酒はその成分や吸収率の良さから、「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富な飲み物です。しかし、どんなに栄養に優れたものであっても、そればかり摂取するのはよくありません。また、同じお米を使ったご飯に比べれば低カロリーですが、他の飲み物と比べてカロリーが低いわけではないため、飲み過ぎれば当然太ります。せっかくダイエットに効果的な成分を台無しにしないためにも、普通に食事を摂ったうえで、甘酒は栄養の補助として使用した方がよいでしょう。

③砂糖が加わっているものは糖分に気を付ける

甘酒には砂糖が加えられる場合もあります。米麹を主原料としているものは、そのまま米の甘みを活かして製造することが多いですが、酒粕を主原料としたものは甘みを出すために砂糖をプラスしているものが多くあります。当然砂糖が加われば糖質は増えることになります。ダイエット中は少しの糖質の量でも気になるものです。甘酒を飲む時は、含まれている原料や成分などを確認し、できるだけ糖質の低いものを選ぶことも大切でしょう。




糖質制限ダイエット中の甘酒の効果的な飲み方

甘酒が持っているプラスな点や注意すべき点をよく理解し、効果的な飲み方をすれば、甘酒はダイエットを後押ししてくれる飲み物になります。では、どのような飲み方がダイエット中は効果的なのか、いくつかご紹介します。

①小腹が空いた時に飲む

食事の間にお腹が空いてしまった時は、ついお菓子をつまんでしまいがちですが、お菓子は少量でもカロリーが高いため、ダイエット中はできるだけ避けた方がいい食品です。そこで食事以外でお腹が空いたら、甘酒を飲むことをおすすめします。優しい甘みで食欲が落ち着きますし、腹持ちもします。おやつ代わりや、ご飯を食べ過ぎてしまいそうな時に食前に飲むなど、上手なタイミングで飲めば、ダイエットの強い味方になってくれます。

②栄養の補助に用いる

現代人は忙しく、気を付けているつもりでも食生活は乱れてしまいがちです。ことダイエット中は食事の量が減ったり、栄養のバランスが崩れてしまいやすいものです。そんな時は栄養の補助をする目的で、甘酒を飲みましょう。手軽に飲むことができる甘酒は忙しい時でもダイエット中でも、いつでも簡単に栄養補給ができます。ダイエットに効果的な栄養がたくさん含まれている甘酒は、ダイエット中の補助食品に最適です。飲み過ぎに気を付けながら、甘酒でより健康的なダイエットをしましょう。

甘酒の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は甘酒の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に甘酒をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように甘酒は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加