ビールの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

夏にキンキンに冷えたビールを飲むと、昼間の仕事の苦労もすべて吹っ飛んでしまうものですね。まさに至福の時です、しかし、その一方で「ビール腹」に代表されるように、ビールはダイエットの最大の敵と考えている人もいます。これは気になりますね。
実際、ビールのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、ビールのカロリー・糖質量やダイエット中にビールを飲む際の注意点などを解説します。

ビールの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。
そして、ビールは次のものが原料(材料)として使われています。

  • 大麦の麦芽
  • ホップ

このうち糖質が含まれるものは、大麦(押麦)です。100g中に68.2g糖質が含まれています。とはいえ、ビール100mlでは糖質はわずかに3.1gです。つまり、ビール1缶(350ml)にはおおよそ11g程度の糖質が含まれていることになります。
糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、ビールは大量に飲む人も少なくありません。何杯飲むかによって注意が必要です。

ビールのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてビールのカロリーはどうなのでしょうか。

ビールのカロリーは100mlあたりだいたい40kcalほどです。1缶(350ml)あたりで計算すると141kcalに相当します。ビールは各社が製法に工夫を凝らしており、アルコール度数も3~8%とばらつきがあります。アルコール度数が上がれば、当然、カロリーも上がりますので、中には1缶(350ml)で200kcalを越えるビールもあります。

ビールは数杯飲むことが多く、飲む量によっては高カロリーとなります。しかし、お酒のカロリーはエンプティカロリーといって優先的に燃焼するもので、単体では太りにくいといえます。とはいえ、高カロリーのアルコールは肝臓に負担をかけますので、飲み過ぎには注意が必要です。

 




ビールのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなビールですが、上手にビールと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。何と言ってもハーバード大学の研究者が発表した「ビールダイエット」という方法もあるくらいです。それでは、ここからはビールが持つダイエット効果についてご紹介します!

適度な飲酒が糖尿病を防ぐ

1日1~2杯のビールは糖尿病の予防になるという研究者たちがいます。こうした研究によれば、適度のアルコールは、糖の生成を抑え、血糖値の上昇を抑え、血糖値を下げるためのインスリンホルモンを活性化させます。また、体内の脂肪を蓄積させず、エネルギーとして活用されるのを助ける効果があると言われています。
どれも、肥満解消・糖尿予防に飲みたいサプリのような効能ですね。「適度」なビールは思いのほかダイエットに効果的であることがわかります。

強力な整腸作用

ビールには腸の働きをよくする整腸作用があります。ビールは、発酵の段階で、成分が糖分・アルコール・二酸化炭素に分けられます。それがビールのあの「シュワシュワ感」を生み出しています。この炭酸の効用は、のどごしだけではなく、腸を適度に刺激して、便通を改善させることにあります。
また、天然のビールなどに含まれるビール酵母も腸の活動をサポートします。便秘解消し、お腹ぽっこりが無くなるだけで、ずいぶん痩せたね!といわれる事間違いなしです。適度なビールは、ビール腹どころか、お腹痩せに有効なんですね。

糖質制限ダイエット中にビールを飲むときの注意点

ビールダイエットとは、ビール大好きな人にとって最高の言い訳になりますが、糖質制限ダイエット実践中なら、ただ何も考えずにビールを飲むわけにいきません。いくつかの注意点を守らないと、ビール太りするかもしれませんよ!

飲み過ぎに注意

ビールのカロリーはエンプティカロリーですから、ビールだけを飲んでも直接太ることはありません。しかし、何杯もビールを飲むことで、結果としてカロリーは高くなり、高濃度になったアルコールを肝臓は分解しなくてはならなくなります。

1杯や2杯では問題が無くても、10杯、20杯となると、肝臓にとっては大きな負担です。肝臓が、アルコールの分解に取り組んでいる間は、糖質の分解はできなくなります。浴びるようにビールを飲んで肝臓への負担を増していくと、当然、太りやすくなります。

おつまみの食べ過ぎに注意

お酒そのもので太ることはありません。ビールの場合も同じです。多くの場合、太るのは、合わせて食べているおつまみの影響です。ピザ・ポテト・唐揚げ・餃子・お好み焼き・焼きそばなど、糖質量の多いおつまみを食べれば食べるほど、肝臓は糖質を分解しなくてはなりません。

しかし、お酒を適量を超えて飲み続けていると、肝臓ではアルコールの分解に精一杯で、糖質量の多い食品分解が出来ず、結果として、糖質をたくさん食べた人と同じように太りやすくなります。

白米を食べない

ビールには食欲増進効果があるので、揚げ物おかずや味の濃い居酒屋メニューに加えて、ご飯などを食べたくなるかもしれません。しかし、すでにビールに糖質がある程度含まれていることを考えると、これに加えて白米のご飯を食べると、完全に一日の糖質量(100g以下)を越えてしまいます。晩酌するなら、糖質量の少ないおかずを選び、ご飯を抜くのが良いでしょう。

 




糖質制限ダイエット中のビールの効果的な飲み方

糖質制限中にビールを飲むことにはメリットもデメリットもあります。ビールだから太り安くなるということはありません。上手な飲み方をすれば、よりいっそうダイエットに効果的なアルコール飲料ともなります。今日から取り組める方法を二つ考えてみましょう!

一杯目にビールを飲む

ビールを飲むタイミングは「食事前」です。夕食を食べ出す前に、最初の一杯が大事です。ビールの炭酸でお腹が膨れて、ある程度の満腹感を得ることができ、夕食の総量を減らすことができます。「まずは一杯」と誘われることがあるビールですが、この飲み方が正しかったんですね!この際に注意するのは、同じペースで、二杯、三杯と飲み進めないことです。

1日の適正なビール量は意外と少なく500mlと言われていますので、最初の1杯はグッと飲んでも、二杯目、三杯目は食事と一緒にゆっくりのペースで飲めると良いですね。

炭水化物を摂らない

夕食にビールを飲むなら、炭水化物を摂りすぎないように気をつけたいところです。ビールには食欲増進効果があるので、気をつけていないと、白米やパスタなどの糖質食材もたくさん食べてしまいます。ビール自体にもある程度の糖質がありますので、ご飯の糖質なども加わると、一日の適正な糖質量を簡単に越えてしまいます。

できるなら、高タンパク質の肉・魚・チーズ・豆腐・ナッツ類などをおつまみにできれば、太りにくい飲み方ができます。

ビールの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はビールの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にビールをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにビールは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加