ウイスキーのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなウイスキーですが、上手にウイスキーと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからはウイスキーが持つダイエット効果についてご紹介します!

糖質ゼロなのでダイエット向き!

ウイスキーは発酵によって作られた酒をさらに蒸留して作られます。加熱して気化したアルコールを、再度冷却することで純粋なアルコール分だけが抽出されますので、ビールなどと比較するとアルコール度数は高くなります。しかし、この蒸留の過程で糖質はすっかり失われます。ウイスキーの原料はビールと同じで糖質が多いのですが、お酒になってしまうと糖質が入っていないので、特に糖質制限中にはお勧めのアルコールとなります。

ポリフェノールで血糖値を下げる

ウイスキーにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールとは植物に含まれる色素や苦み成分のことで、尿酸値や血糖値を下げる効果が期待されています。ウイスキーは、木製の樽で熟成されるために琥珀色になります。この製造の過程でウイスキーの中にはポリフェノールが多くなるのです。

意識してサプリメントでポリフェノールを摂取しようとする人もいますが、ダイエット中のお酒をウイスキーに替えるだけで、まさに「美味しい」思いができますね。

糖質制限ダイエット中にウイスキーを飲むときの注意点

糖質ゼロということで「糖質制限に最適のお酒」との呼び声の高いウイスキーですが、飲み方に注意も必要です。飲み方次第ではダイエットに向かないお酒になってしまうこともあり得るからです。どういう意味でしょうか?

アルコール度数の高さが肝臓に負担をかける

ウイスキーをはじめ蒸留酒のアルコール度数は非常に高いのが一般的です。ビールなどと比べると5倍~8倍のアルコール度数があります。アルコールを分解するのは肝臓です。そして、重要な点ですが、糖質を分解するのも肝臓です。つまり、高濃度のアルコールの分解に奮闘している肝臓は、一緒に入ってくる糖質を分解することまではできないということです。もちろん、ウイスキー自体の糖質はゼロなのですが、一緒に食べる物次第では糖質が処理しきれず、余剰が脂肪に変わっていくことがあり得るのです。

糖質を含むおつまみ・おかずが太る

アルコールそのもので太ることはありません。アルコールのカロリーはエンプティカロリーと言って、体内で優先的に燃焼されるものだからです。またウイスキーには糖質が含まれていません。しかし、ウイスキーによく合うおつまみ・おかずには糖質が含まれていることが多いので注意が必要です。唐揚げ・ポテト・ピザなどの人気の居酒屋メニューはどれも糖質が多いものです。ウイスキーに含まれる高濃度のアルコール分を一生懸命に分解している肝臓には、太りやすいおつまみの糖質を分解できるだけの余力が無いことに注意しましょう。当然、食べ過ぎれば太ります。

カクテルにする場合は要注意

ウイスキー単体では太りません。水割りやロック、ハイボールなどの飲み方であれば、それだけで太ることはありません。しかし、ウイスキーをベースにしてカクテルにする場合は話が別です。例えば、有名な「オールドファッションド」というカクテルは、ウイスキーに「角砂糖」を加えて作られます。「アイリッシュコーヒー」は生クリームや砂糖を加えます。甘くして飲みやすくするカクテルになると、ウイスキーや蒸留酒の持つ糖質ゼロのメリットがすっかり失われてしまうことに注意しましょう。