ウイスキーの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

ウイスキーは「蒸留酒」なので「糖質ゼロ」だと言われダイエットに取り組む人に人気のお酒です。実際、糖質制限ダイエットをしている人で晩酌をビールからハイボールに切り替えたという人もいるようですが「ウイスキーを飲んでいるのに太ってしまった」という人もいるようです。

実際、ウイスキーのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、ウイスキーのカロリー・糖質量やダイエット中にウイスキーを飲む際の注意点などを解説します。

ウイスキーの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、ウイスキーは次のものが原料(材料)として使われています。

  • 穀物(大麦・トウモロコシ・ライ麦・小麦)

モルトウイスキーの原料である大麦には100gあたり68.2gの糖質が含まれています。グレーンウイスキーの原料であるトウモロコシには13g、ライ麦に57.4g、小麦には61.4gの糖質が含まれています。原料から見ると糖質は多く感じます。しかし、ウイスキーの糖質は蒸留の過程で糖質が0gになります。そのため、ウイスキーは糖質制限に最適のお酒と言われます。

ウイスキーのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。アルコールは度数が高くなるほど、カロリーも高くなります。カロリーが高いお酒はダイエットに適しているのでしょうか?果たしてウイスキーのカロリーはどうなのでしょうか。ウイスキーのカロリーは100mあたりだいたい237kcalほどです。ビールのカロリーは100mlあたり40kcalですので、比較するとウイスキーのカロリーが高いように感じます。

 

しかし、ウイスキーはアルコール度数が高くシングル1杯(30ml)の単位で飲みますので、ビールと比べると少量でも満足できます。もちろん、飲み過ぎると高カロリーになりますので注意は必要です。

 




ウイスキーのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなウイスキーですが、上手にウイスキーと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからはウイスキーが持つダイエット効果についてご紹介します!

糖質ゼロなのでダイエット向き!

ウイスキーは発酵によって作られた酒をさらに蒸留して作られます。加熱して気化したアルコールを、再度冷却することで純粋なアルコール分だけが抽出されますので、ビールなどと比較するとアルコール度数は高くなります。しかし、この蒸留の過程で糖質はすっかり失われます。ウイスキーの原料はビールと同じで糖質が多いのですが、お酒になってしまうと糖質が入っていないので、特に糖質制限中にはお勧めのアルコールとなります。

ポリフェノールで血糖値を下げる

ウイスキーにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールとは植物に含まれる色素や苦み成分のことで、尿酸値や血糖値を下げる効果が期待されています。ウイスキーは、木製の樽で熟成されるために琥珀色になります。この製造の過程でウイスキーの中にはポリフェノールが多くなるのです。

意識してサプリメントでポリフェノールを摂取しようとする人もいますが、ダイエット中のお酒をウイスキーに替えるだけで、まさに「美味しい」思いができますね。

糖質制限ダイエット中にウイスキーを飲むときの注意点

糖質ゼロということで「糖質制限に最適のお酒」との呼び声の高いウイスキーですが、飲み方に注意も必要です。飲み方次第ではダイエットに向かないお酒になってしまうこともあり得るからです。どういう意味でしょうか?

アルコール度数の高さが肝臓に負担をかける

ウイスキーをはじめ蒸留酒のアルコール度数は非常に高いのが一般的です。ビールなどと比べると5倍~8倍のアルコール度数があります。アルコールを分解するのは肝臓です。そして、重要な点ですが、糖質を分解するのも肝臓です。つまり、高濃度のアルコールの分解に奮闘している肝臓は、一緒に入ってくる糖質を分解することまではできないということです。もちろん、ウイスキー自体の糖質はゼロなのですが、一緒に食べる物次第では糖質が処理しきれず、余剰が脂肪に変わっていくことがあり得るのです。

糖質を含むおつまみ・おかずが太る

アルコールそのもので太ることはありません。アルコールのカロリーはエンプティカロリーと言って、体内で優先的に燃焼されるものだからです。またウイスキーには糖質が含まれていません。しかし、ウイスキーによく合うおつまみ・おかずには糖質が含まれていることが多いので注意が必要です。唐揚げ・ポテト・ピザなどの人気の居酒屋メニューはどれも糖質が多いものです。ウイスキーに含まれる高濃度のアルコール分を一生懸命に分解している肝臓には、太りやすいおつまみの糖質を分解できるだけの余力が無いことに注意しましょう。当然、食べ過ぎれば太ります。

カクテルにする場合は要注意

ウイスキー単体では太りません。水割りやロック、ハイボールなどの飲み方であれば、それだけで太ることはありません。しかし、ウイスキーをベースにしてカクテルにする場合は話が別です。例えば、有名な「オールドファッションド」というカクテルは、ウイスキーに「角砂糖」を加えて作られます。「アイリッシュコーヒー」は生クリームや砂糖を加えます。甘くして飲みやすくするカクテルになると、ウイスキーや蒸留酒の持つ糖質ゼロのメリットがすっかり失われてしまうことに注意しましょう。

 




糖質制限ダイエット中のウイスキーの効果的な飲み方

では、糖質制限ダイエットをしながら、ウイスキーを晩酌の友にするのに最適な飲み方があるでしょうか?コツさえつかめば、満足のいく晩酌を楽しみつつ、ダイエットができる最高のアルコール飲料となります。

おつまみにタンパク質・ミネラル・ビタミンを

ウイスキーを飲むなら意識しておつまみを選びましょう。タンパク質は肝臓の再生を助けます。肝臓は高濃度のアルコールを一生懸命分解していますので、その働きを助けてあげる必要があります。お肉やお魚・豆腐や枝豆・ナッツ類・チーズなどを積極的に摂るようにするのです。

また、アルコール分解時にはミネラルやビタミンが消費されます。そのため、ミネラルが豊富なドライフルーツ・種子類や、野菜・果物なども合わせて食べるのが効果的です。

飲むならハイボール

カクテルにしてしまうと、せっかく糖質ゼロのウイスキーのメリットが失われてしまいます。コーラやサイダーでウイスキーを割る人もいますが、清涼飲料水の糖質量はとんでもなく高いので注意です。ハイボールはウイスキーを炭酸水で割ったものですが、ウイスキーの自然な甘さだけで楽しむことができます。慣れてくると、様々なウイスキーの風味を味わいつつ、炭酸の清涼感を楽しめます。様々な炭酸水があり、炭酸水の風味次第で味わいもかわります。

ウイスキーの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はウイスキーの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にウイスキーをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにウイスキーは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加