【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

 

バナナは栄養価がとても高く健康にいいイメージがありますが、バナナジュースはダイエット中でも飲んでいいのでしょうか。

実際、バナナジュースのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、バナナジュースのカロリー・糖質量やダイエット中にバナナジュースを飲む際の注意点などを解説します。

バナナジュースの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、バナナジュースは次のものが原料(材料)として使われています。

  • バナナ
  • 牛乳
  • 砂糖

このうち糖質が含まれるものは、「バナナ一本」に19g、「牛乳150ml」に7g、「砂糖大さじ1」に9g程度含まれています。
つまり、バナナジュース1杯にはおおよそ35g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

バナナジュースのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてバナナジュースのカロリーはどうなのでしょうか。

バナナジュースのカロリーは1杯あたりだいたい213kcalほどです。

身体に良いイメージがあるバナナジュースですが、意外とカロリーは高めです。理由としては、バナナ一本当たりのカロリーは77kcalなのですが、牛乳150mlは101kcal、砂糖大さじ1が35kcalもあるため、合わせるとカロリーが高くなってしまうということが挙げられます。これ以上カロリーを高くしないためにも、砂糖はなるべく控えめにして、飲みすぎには注意しましょう。