日本酒の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

日本酒は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの微量栄養素がバランスよく含まれているため、その高い健康効果が話題になることもある「百薬の長」です。でも、その一方で日本酒はお米(糖質)から作られるので、太りやすくなるとも言われます。実際、日本酒のカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、日本酒のカロリー・糖質量やダイエット中に日本酒を飲む際の注意点などを解説します。

日本酒の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

日本酒(特に純米酒)は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 米麹

それぞれの糖質量を調べましたが、100g中でいえば、白米に36.8g、米麹に57.5g程度です。日本酒は、比較的、糖質が多い原料から作られていることがわかります。

 

よく飲まれる単位で計算すると、日本酒1合(180ml)にはおおよそ3.6g程度の糖質が含まれています。白米をそのまま食べるのとは違いますので、糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

日本酒のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして日本酒のカロリーはどうなのでしょうか。

 

日本酒のカロリーは1合(180ml)あたりだいたい200kcalほどです。生ビール1杯(250ml)でもカロリーはだいたい同じ程度ですから、日本酒は太りやすいと言われます。しかし、お酒に含まれるカロリーはエンプティカロリーといって優先的に燃焼できるものなので、そのまま体に蓄積されるわけではありません。

 

とは言っても、日本酒はお酒の中では比較的高カロリーと言えますので、飲み過ぎには注意が必要です。

 




日本酒のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな日本酒ですが、上手に日本酒と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからは日本酒が持つダイエット効果についてご紹介します!

アデノシンが血流を改善し効率的に体を温める

お酒を飲むと体が温まりますが、日本酒の場合は特にその効果が大きいと言えます。日本酒には、アデノシンという成分が多く含まれています。この成分は血管の収縮を抑えるので、血流をよくし、結果として体を温める効果があります。内臓が温まると、消化吸収能力が高まり、基礎代謝が上がります。

 

体温が一度上がるだけで基礎代謝は12%上がるともいわれています。体の血行が良くなれば、脂肪は燃焼しやすくなり、同じものを食べても太りにくい体になっていきます。

アミノ酸・麹酸が豊富

日本酒の主な材料は米麹です。米麹はお米を発酵させたものですが、この過程により、日本酒にはアミノ酸や麹酸が豊富に含まれています。アミノ酸を過不足なく摂取すると、脂肪の燃焼効果が良くなったり、代謝が上がり運動効果が一層得られるようになることが知られています。

 

また、麹酸は、強力な抗酸化物質ですので、シミの原因となるメラニンが作られるのを抑える効果があります。結果として、体重そのものが減らなくても、見た目が良くなります。肌をきれいにし若々しくなる美容効果は見逃せません。

糖質制限ダイエット中に日本酒を飲むときの注意点

日本酒は高い健康効果で人気が高いお酒です。上手に取り入れればダイエット効果さえあります。しかし、糖質制限ダイエット中には飲み方に注意しなければ、かえって太りやすくなります。以下の三点には特に注意しましょう。

飲み過ぎない

日本酒は他のお酒に比べると比較的、糖質量が多いので、やはり、飲みすぎると太りやすくなります。日本酒と違い、焼酎やウイスキーなどは「蒸留」の過程でアルコールと水分だけが抽出されて、糖分は残っていないので、糖質によって太ることはありません。
しかし、日本酒は飲みすぎると、白米を原料としているだけあって糖質過剰となりやすいです。日本酒は1日に二合までと言われることもありますが、意識しないと飲み過ぎてしまうことが多いので注意が必要です。

すきっ腹で飲まない

お酒を飲むときはできるだけお腹を空かせて、美味しく飲みたいと思うものですが、すきっ腹で日本酒を飲むことにはメリットがありません。一気に飲むと、アルコールの血中濃度が上がり、肝臓は疲弊します。

 

また酔いが回ると、どれだけ飲んだか、どれだけ食べたかに無頓着になったり、ダイエットなんてどうでもよいという気持ちになりがちです。前述のように、飲み過ぎないためにも、まずは少しでも野菜や海藻類などのヘルシーな前菜を胃の中に入れておくことが大事です。

おつまみを食べ過ぎない

お酒を飲むと食欲が増進し、つい食べ過ぎてしまいます。お酒と一緒に食べるおつまみの多くは、唐揚げ、焼き鳥、ピザ、ポテトチップスなど、高脂肪でカロリーが高いものが多いです。お酒を飲むと、体内では肝臓が一生懸命アルコールを分解するために働きます。その一方で、高脂肪の食品の分解は追い付かず、体内に脂肪がため込まれてしまうことになります。

 

また、アルコールを分解するためにビタミン群を消費するため、体は栄養を補完しようと、より一層食欲がわいてきてしまうのです。この悪循環に陥ると、日本酒そのものというより、おつまみによりどんどん太る原因になります。

 




糖質制限ダイエット中の日本酒の効果的な飲み方

効果的な飲み方さえ身に着ければ、日本酒は糖質制限中の力強い味方にもなります。日本酒の糖質量はご飯の糖質量とは比較になりませんので、ご飯を抜いて、太りにくいおつまみでゆっくり晩酌を楽しむのも良いでしょう。

冷より熱燗でチビチビ飲もう

冷で日本酒を飲むと、とても飲みやすいものですが、気が付くと飲み過ぎてしまうことが多いです。一気に飲みすぎると、体内の血中アルコール濃度が上がり、肝臓はフル回転して疲弊してしまいます。肝臓が働かなくなると、より一層、おつまみで太りやすくなりますので、熱燗にして、チビチビ飲む習慣をつけるのが大切です。

 

チェイサーとして、水をたっぷり飲むとアルコール分を排出しやすくなります。また、日本酒を飲む総量も抑えることができます。

太りにくいおつまみを選ぼう

実は、日本酒によく合うおつまみは、ヘルシーな和食系です。枝豆・豆腐・焼き魚・刺身・だし巻き卵などの、タンパク質が豊富でありながらも、高カロリー・高脂肪ではないおつまみを選ぶことが大切です。また、野菜に含まれるカリウムやビタミンB群は、アルコールの代謝を助けます。

 

海藻やきのこのサラダなど、微量栄養素や食物繊維を含む低カロリーなおつまみもお勧めです。日本酒を飲む際は意識して揚げ物や炭水化物系のおつまみを控えるのがダイエットの成功の秘訣です。

日本酒の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は日本酒の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に日本酒をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように日本酒は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加