【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

 

日本酒は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの微量栄養素がバランスよく含まれているため、その高い健康効果が話題になることもある「百薬の長」です。でも、その一方で日本酒はお米(糖質)から作られるので、太りやすくなるとも言われます。実際、日本酒のカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、日本酒のカロリー・糖質量やダイエット中に日本酒を飲む際の注意点などを解説します。

日本酒の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

日本酒(特に純米酒)は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 米麹

それぞれの糖質量を調べましたが、100g中でいえば、白米に36.8g、米麹に57.5g程度です。日本酒は、比較的、糖質が多い原料から作られていることがわかります。

 

よく飲まれる単位で計算すると、日本酒1合(180ml)にはおおよそ3.6g程度の糖質が含まれています。白米をそのまま食べるのとは違いますので、糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

日本酒のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして日本酒のカロリーはどうなのでしょうか。

 

日本酒のカロリーは1合(180ml)あたりだいたい200kcalほどです。生ビール1杯(250ml)でもカロリーはだいたい同じ程度ですから、日本酒は太りやすいと言われます。しかし、お酒に含まれるカロリーはエンプティカロリーといって優先的に燃焼できるものなので、そのまま体に蓄積されるわけではありません。

 

とは言っても、日本酒はお酒の中では比較的高カロリーと言えますので、飲み過ぎには注意が必要です。