飲むヨーグルトの糖質・カロリーは?ダイエット中の効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

最近、「腸内細菌」「腸内フローラ」などの腸の健康に関する言葉が様々なメディアを通じて目にすることが増えてきました。それに伴いヨーグルト市場も非常に活性化し、各企業が差別化を図り、製品の特徴も多様化しています。実際、飲むヨーグルトのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、飲むヨーグルトのカロリー・糖質量やダイエット中に飲むヨーグルトを飲む際の注意点などを解説します。

飲むヨーグルトの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。そして、飲むヨーグルトは次のものが原料(材料)として使われています。

  • 乳製品
  • 炭水化物(ぶどう糖果糖液糖・砂糖)
  • 安定剤(ペクチンなど)
  • 香料、酸味料
  • 甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、スクラロースなど。製品により異なります)

 

このうち糖質が含まれるものは、「乳製品」に3~4g、「炭水化物(ぶどう糖果糖液糖・砂糖)」に14g程度含まれています。つまり、飲むヨーグルト1杯にはおおよそ18g程度の糖質が含まれていることになります。糖質の量が決して多いというわけではありませんが、通常の食事で糖質を多く摂取する場合は注意が必要です。

飲むヨーグルトのカロリー

糖質量についてはわかりましたが、ダイエット中にはそのカロリーも気になる所です。果たしての飲むヨーグルトのカロリーはどうなのでしょうか。

飲むヨーグルトのカロリーは、1杯あたり(約100 mlで計算しています)だいたい70 kcalほどです。糖質量が多くはありませんので、当然カロリーも抑えられています。

また、最近では低糖、低カロリー製品が多数出ています。これらは、通常のものよりもさらにカロリーが低く、約40~50 kcalとなっています。ですので、ダイエット中には低糖・低カロリー製品を摂取いただく方がカロリーをよりしっかり抑えるという点では良いかと思います。

 




飲むヨーグルトのダイエット効果

ここからは、飲むヨーグルトが持つダイエット効果についてご紹介します!

内臓脂肪を減らす

某飲料メーカーから販売されている飲むヨーグルトは特定保健用食品となっており、その機能性成分として、内臓脂肪を減らすというものがあります。乳酸菌は、非常に多くの種類があります。中でも、特定の乳酸菌において内臓脂肪を減らす可能性が認められることが、様々な基礎的な研究によって明らかになりました。効果が保証されるわけではありませんが、通常のダイエットに加えてこのような製品を上手く使うことで、効果的なダイエットを行うことができるかもしれません。

腸内細菌のバランスを整えてくれる

冒頭にも少しだけお示しましたが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が「腸内細菌」「腸内フローラ」をより良い状態に近づけてくれることで、便通を整えてくれることがわかっています。便通を整えることは、少なからず体重増加の抑制にもつながります。また実際、肥満や生活習慣病を患っている人は、腸内細菌のバランスが崩れていることがわかっているので、乳酸菌の摂取が腸内細菌のバランスをと整えるだけでなく、肥満や疾患の予防にも効果があるかもしれません。

糖質制限ダイエット中に飲むヨーグルトを飲むときの注意点

糖質制限ダイエット中、飲むヨーグルトを摂取する際の注意点にはどのようなことがあるのでしょうか?決して難しいことではありませんが、注意点を3つ紹介したいと思います。

食後に飲むこと

一般的に、多くの乳酸菌は胃酸に耐性がありませんので、空腹時に摂取すると乳酸菌が腸内まで到達できず、本来持つ機能や役割が果たせなくなると言われています。一部の乳酸菌では胃酸に強い、胃で働くとするものもあるとのことですが、実際のところは、どこまでの強いのかは不明です。ですので、乳酸菌が本来持っている力を発揮することができる食後に、可能な限り飲むことをおすすめします。

飲み過ぎないこと

糖質、カロリーともに比較的少ないですが、やはり糖質制限中の飲み過ぎには注意が必要です。繰り返しになりますが、通常の飲むヨーグルト(100 ml当たり)だとおよそ70 kcalです。基本的にヨーグルトが健康には良いものであることは間違いありませんが、飲み過ぎは良くありません。多めに飲む場合は、1日の糖質やカロリーを意識しながら摂取することが大切です。

低糖・低カロリーのものを選ぶこと

低糖・低カロリーのものだとおよそ40~50 kcalと、通常のものより若干少なくなっています。しかしながら、注意点②とも重複しますが、低糖・低カロリーとは言えども、健康のためと思って飲み過ぎると糖質の摂りすぎとなる可能性があるので、1日の摂取量には気を付けなければなりません。

 




糖質制限ダイエット中の飲むヨーグルトの効果的な飲み方

糖質制限ダイエット中では、どのように飲むヨーグルトを摂取するのが効果的なのでしょうか?効果的な飲み方を2つ紹介したいと思います。

いちごなどを合わせて1食置き換え

3食のうち1食を飲むヨーグルトに置き換えると、より効果的に糖質、カロリーを抑えることができるだけでなく、腸内細菌のバランスも良くすることができるかもしれません。ただ、先にもお話ししましたように、乳酸菌は胃酸に決して強くありませんので、飲むヨーグルトを摂取する前には何かを摂取した方が良いでしょう。そこで、果物の中でも比較的糖質が少ないいちご、バレンシアオレンジなどを少しだけ食べ、その後にヨーグルトを摂取すると良いです。ビタミンC、カリウムなども同時に摂取することができます。しかしながら、飲むヨーグルトと果物だけではタンパク質が足りなくなる可能性がありますので、筋肉の材料であるタンパク質が多めに入ってるヨーグルトがあれば、選択肢としてはとても良いです。

食物繊維・オリゴ糖と一緒に

乳酸菌は食物繊維やオリゴ糖をエサすることで、腸内で効果的に働くことがわかっています。ですので、糖質が少ないいちごに加えて、はちみつやオリゴ糖そのものを少しだけ一緒に摂取するのが良いかもしれません。ただ、飲むヨーグルトの場合、既に味がついてしまっているので、それぞれの食品を単独で食べる形でも問題ないかと思います。あくまで、同じタイミングに食べるということが良いです。

飲むヨーグルトの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は飲むヨーグルトの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に飲むヨーグルトをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように飲むヨーグルトは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加