フルーツタルトの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




 

みずみずしい果実と甘くてサクサク生地が魅力のフルーツタルト。ダイエット中でもフルーツだし大丈夫でしょう、とつい手が伸びてしまいますが、いったいどのくらいのカロリー・糖質を含んでいるのでしょうか。

そこで今回は、フルーツタルトのカロリーや糖質量、糖質制限中にフルーツタルトをおいしく食べる注意点などを解説します。

フルーツタルトの糖質量

フルーツタルトはサクサクとしたタルト生地にカスタードクリームや生クリームを詰め、色とりどりのフルーツをのせたスイーツです。

お店によって大きさも原料にも差があり、季節のフルーツを使うところもありますので、かなり糖質も違ってきます。

今回は皆さまが比較的よく見かける、いちごなど3種類ほどのフルーツをカスタードクリームにのせた、ベーシックなフルーツタルトを例に挙げ、検証します。

 

ごく一般的なフルーツタルトの重さは1個130gほどの重さのもので、糖質量は29.6gでした。

糖質制限ダイエットをしている方の1日の糖質摂取量は、基本的に100g以下が目安と言われていますので、フルーツタルト1個で1日の摂取量の約1/3強を摂取することになります。

意外と糖質が高いことに驚きます。しかも糖質の高いフルーツを使うと、この数値はもっと高くなります。

フルーツタルトのカロリー量

フルーツタルトのカロリーは130gくらいの重さのもので、1個当たり272kcalです。
一般的なショートケーキやチョコレートケーキよりはずっと低いカロリーですが、ダイエット中のおやつとしては比較的高いといえます。

 




フルーツタルトのダイエット効果

フルーツタルトは糖質・カロリーの高いスイーツなので、ダイエットに向きとは言えません。

しかし他のケーキと比べるとクリームが少なく、フルーツがたくさんのっているので、フルーツのもつダイエット効果を生かすことができる可能性があります。

①低糖質ないちごはダイエット効果が高い

フルーツタルトによく使われるフルーツのひとつがいちごです。実はフルーツの中でもいちごは糖質が低いので、糖質制限をしている方にオススメのフルーツです。

その糖質量は1個12gに対して1.1g、カロリーは5kcalです。またいちごには、小さいながらも整腸作用のある“食物繊維”、脂肪をためにくくする効果のある“アントシアニン”、むくみを解消する“カリウム”が含まれているんです。

②キウイで血糖値上昇を防ぐ

食事をとると血糖値が上がり、インスリンが分泌され、インスリンは余分な脂肪を体内にためようとします。

フルーツタルトに使われることの多いキウイは、食物繊維が豊富なため、血糖値をあげにくくする働きがあると言われています。

糖質面から見ると、キウイは決して糖質の低いフルーツではありませんが、糖質の代謝に効果を発揮するビタミンB1、脂質の代謝を助けるビタミンB2も含まれています。

ダイエット中の方にとってはキウイを使ったタルトは、嬉しい効果がいっぱいです。

③オレンジでコレステロール除去

フルーツタルトによく使われるオレンジには、コレステロールの吸収を防ぎ、代謝を促してくれる、イノシトールという成分が含まれています。

コレステロールをためにくくすることで代謝も良くなり、徐々に痩せやすいカラダを作ることにもつながります。

糖質制限ダイエット中にフルーツタルトを食べる時の注意点

フルーツタルトに使われているフルーツには、他のケーキ類にはないダイエット効果が含まれていましたが、糖質・カロリーとしては高いスイーツですので食べる時には注意が必要です。

そこで糖質制限の面から考えた、フルーツタルトを食べる時の注意点をあげてみました。

①腹持ちが良い間食として

フルーツタルトは他のケーキにくらべて、糖質・カロリーの多いクリームが少なめ。そのぶんフルーツが多いので、他のケーキにはないビタミン・食物繊維が含まれていて、満腹感を得られやすいスイーツです。

腹持ちの良さもありますので、食事と食事の間に食べることで、過剰な空腹感による次の食事のドカ食いも防ぐことが出来ます。

また、空腹な時間を減らすことは血糖値の安定にもつながりますので、余計な脂肪をため込まずにすむ効果も期待できます。この事からフルーツタルトを食べるなら、昼食後2・3時間後の間食がベストです。

②小さめのフルーツタルトでも満足感が得られる

フルーツタルトの糖質はのっているフルーツにもありますが、タルト生地とクリームに多く含まれています。

フルーツタルトの糖質量は1個約130gで29.6gですが、全てがこの大きさではありませんので、小さめのフルーツタルトを選んだり、タルト部分が小さいフルーツタルトを選べば、糖質はこの数値より低くなります。

 




糖質制限ダイエット中にフルーツタルトを食べても太らない効果的な食べ方

①糖質の低いフルーツを選ぶ

フルーツタルトは、フルーツが多いほうが満腹感がありますし、美容に嬉しいビタミン・食物繊維を摂ることが出来ます。

そしてフルーツの中でも、ラズベリー・グァバ・あんず・いちごは糖質が低いので、こういったフルーツがたくさん使われているタルトを選ぶようにしましょう。

ラズベリーのタルト・いちごのタルトなどは、お店でも季節によってよく見かけますので、チェックしてみましょう。

②手作りのフルーツタルトで糖質カット

フルーツタルトを手作りして、糖質・カロリーを抑える方法もかなり有効です。

手作りのフルーツタルトは、なんといってもフルーツのフレッシュさが魅力なので、初心者でも比較的簡単に作れるスイーツです。

以下の点に注意すれば、糖質・カロリーを抑えることが出来ます。

 

  • タルト生地に使う粉類を、糖質の少ないふずま粉・おから粉・大豆粉に変える
  • タルト生地に使う粉類の一部に、糖質の少ないふずま粉・おから粉・大豆粉を混ぜる
  • タルトに詰めるクリームの甘味料を砂糖から低糖質甘味料に変える
  • タルトに詰めるクリームを豆腐などを使った低糖質クリームに変える
  • 上にのせるフルーツを糖質の低いフルーツに変える

 

すべて取り入れるのはハードルが高いという方は、一部だけでも取り入れることで、通常のフルーツタルトよりずっと低糖質・低カロリーなフルーツタルトを作ることが出来ます。

どうしてもお菓子づくりが苦手な方・面倒という方は、糖質制限フルーツタルトも販売されていますので、利用してみましょう。

③糖質・カロリーの低い飲み物と一緒に

フルーツタルトを食べる時はブラックコーヒーやストレートの紅茶、ハーブティーなど、糖質がほとんど含まれていないものを一緒に飲みましょう。

砂糖が入っていないのでフルーツタルト自体の甘さも引き立ち、より満足度もUPします。

ミルクや砂糖を加えるとさらに糖質を加えることになりますので、出来るだけ避けたいところ。

でも、どうしてもミルクを加えたい方は、無調整豆乳がオススメです。調整豆乳は商品によっては砂糖・脂質がたくさん加えられているものもありますので、避けましょう。

低カロリー・低糖質のフルーツタルトでダイエットを成功させよう

フルーツタルトは糖質・カロリー共に高いスイーツで、とてもダイエットに向いているとは言い難いのですが、すべての甘いものを禁止してしまうとストレスが溜まってしまいます。

前後の食事や運動なども取り入れ、食べ方に工夫することで、無理なくダイエットを叶えましょう。

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加