こんにゃくの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




こんにゃくの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

こんにゃくは糖質制限ダイエットだけでなく通常のダイエットにも向いている食材だと言われていますが、本当にダイエットに向いているのでしょうか?この記事ではこんにゃくの実際の糖質やカロリー、成分等についてまとめました。

こんにゃくの糖質量

こんにゃくの糖質量はどれくらいでしょうか?
一般的なスーパーで販売されている板こんにゃくは300gほどです。この中には炭水化物が9.9g、食物繊維が9g含まれています。単純計算すると板こんにゃく1枚の糖質は0.9gです。100gあたり0.3gの糖質といえます。

糖質制限中の糖質摂取の目安は1日あたり約100g(お茶碗半分)ほどとなっていますが、こんにゃくの糖質は非常に低いので糖質制限ダイエット中でも問題なく食べて良さそうですね。

こんにゃくのカロリー量

こんにゃくのカロリーはどれくらいでしょうか?

こんにゃくのカロリーは、板こんにゃく1枚で21カロリー、100gでわずか7カロリーとなっています。

低糖質だけでなく非常に低カロリーな食材な食材なので糖質制限ダイエットの強い味方になってくれます。

 




こんにゃくのダイエット効果

こんにゃくはこんにゃく芋というサトイモ科の植物の球茎から作られますが、実はこの比率は低く、それ以外の材料は大量の水と食用水酸化カルシウムで作られています。

そのため炭水化物は含まれてはいるのですが、炭水化物の中でも糖質は0.3g、残りは食物繊維が3gです。そしてこんにゃく自体は約97%が水分でできていますので、全体の3%しか炭水化物は含まれていないことになります。主な成分は以下の通りです。

①グルコマンナン

こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維を豊富に含みます。一般的に食物繊維は食前や食事と同時に摂ると血糖値の上昇を抑える働きがあると言われており、食前に食べると満腹感が得ることができます。カロリーコントロールや食べ過ぎを防ぐため、ダイエットにはもっていこですね!

②カルシウム

カルシウムは骨や歯などをつくっている栄養素ですが、神経の働きや筋肉運動などの生命の維持や活動に重要な役割をしています。カルシウムと聞くと、牛乳や小魚に含まれているイメージが強いかと思われますが、牛乳コップ1杯と板こんにゃく1枚だとほぼ同量のカルシウムが含まれています。

 




糖質制限ダイエット中にこんにゃくを食べても太らない効果的な食べ方

①食事の最初にこんにゃくを食べておく

食事の最初にこんにゃくを食べておくことで、お腹が膨らむだけでなく満足感を得ることができます。複数のおかずがある場合はまず最初にこんにゃくが使用されたおかずを食べるようにしましょう。食べる順番を変えるだけでも効果があります。

②1日の食事の主食をこんにゃくに

1日3食の食事のうち、2食は通常通り糖質を摂り、1食だけこんにゃく麺に変えることで飽きずに糖質制限ダイエットを続けることができます。オススメはお昼のランチを、ラーメンやうどんなどではなくこんにゃく麺に変えること。スーパーやコンビニ等ではスープ付きのこんにゃく麺が売られているので手軽に購入も可能です。
2食は通常通りの食事および糖質摂取をしても問題がないため、この方法であれば糖質制限ダイエットを続けやすいのではないでしょうか?

③こんにゃく米を食べる

こんにゃく米という加工食品があるのですがご存知でしょうか?通常のお米と同じように炊くだけで食べることができるのですが、お米よりカロリー及び糖質を約36%も下げることができるというものです。
通常のお米を炊く時にこんにゃく米も一緒に混ぜ込んで炊くだけでOKです。食べ過ぎには気をつけなければいけませんが、これならお米がだいすきな人でも手軽に糖質制限ができそうですね!

低カロリー・低糖質のこんにゃくでダイエットを成功させよう。

非常に低糖質、低カロリーで食物繊維たっぷりのこんにゃくはダイエットを後押ししてくれそうですね!まずは1日の食事の1食分だけでもこんにゃくに振り替えて糖質制限ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加