カフェオレ(加糖)の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

暑い季節でも寒い季節でも一年中飲みたくなるカフェオレ。コーヒーといえばカロリーが低く太らないイメージがありますが、カフェオレにダイエット効果があるとは知らない人が多いのではないでしょうか。実際、カフェオレ(加糖)のカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、カフェオレ(加糖)のカロリー・糖質量やダイエット中にカフェオレ(加糖)を飲む際の注意点などを解説します。

カフェオレ(加糖)の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、カフェオレ(加糖)は次のものが原料(材料)として使われています。

  • ブラックコーヒー
  • 牛乳
  • 砂糖(小さじ1)

このうち糖質が含まれるものは、「ブラックコーヒー」に0.6g、「牛乳」に4.8g、「砂糖」に4g程度含まれています。つまり、カフェオレ(加糖)1杯(200ml)にはおおよそ9.4g程度の糖質が含まれていることになります。糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

カフェオレ(加糖)のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてカフェオレ(加糖)のカロリーはどうなのでしょうか。

カフェオレ(加糖)のカロリーは1杯あたりだいたい102kcalほどです。

 

ただし、使用する牛乳と砂糖の種類や量によってもカロリーは変化します。牛乳には、低脂肪牛乳や無脂肪牛乳、また、成分調整牛乳か成分無調整牛乳など様々な種類があります。ちなみに、カフェオレとカフェラテの違いは、牛乳の量になります。カフェオレはコーヒーと牛乳の割合が1:1なのに対し、カフェラテは2:8の割合になります。

 




カフェオレ(加糖)のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなカフェオレ(加糖)ですが、上手にカフェオレ(加糖)と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからはカフェオレ(加糖)が持つダイエット効果についてご紹介します!

カフェインによる脂肪燃焼

コーヒーにはカフェインが多く含まれていることは皆さんご存知でしょう。カフェインといえば眠くならないというイメージが強いと思いますが、なんと脂肪燃焼効果もあるのです。脂肪を燃焼させるには、リパーゼという酵素が脂肪を代謝しなければいけなません。カフェインはこのリパーゼの働きを活性化させる働きがあるため、カフェインが脂肪燃焼を促進させるのです。

 

また、カフェインには余分なカロリーを消費してくれる褐色脂肪細胞を活性化させる働きもあります。この褐色脂肪細胞が活性することによって脂肪燃焼を促進し、脂肪を分解しやすくするのです。

クロロゲン酸による脂肪分解

カフェインだけでなく、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も多く含まれているのことも特徴です。クロロゲン酸とはコーヒーの苦みや香りを形成する成分の一つです。

 

このクロロゲン酸の働きとは、体に溜まっている脂肪を分解し、排出することです。また、がんや老化などの原因といわれる活性酸素を抑制する効果や、血糖値を下げる効果もあります。カフェインの脂肪燃焼効果とクロロゲン酸の脂肪効果が相まって、一度に効率よく高いダイエット効果を得ることができます。

糖質制限ダイエット中にカフェオレ(加糖)を飲むときの注意点

ダイエット効果抜群のカフェオレ(加糖)は美味しいのでついたくさん飲みたくなりますが、もちろん飲むにあたっての注意点があります。注意点をいくつかあげてみようと思います。

カフェインの大量摂取に注意

まず大前提としてあげられるのが、飲みすぎ注意ということです。コーヒー自体のカロリーは低いのですが、ミルク、そして砂糖という高めのカロリーも摂取してしまうので、何杯も飲んでしまうとダイエットの効果は現れず逆に太ってしまう原因になってしまいます。また、糖質だけでなくカフェインの大量摂取にもつながり不眠症、下痢、吐き気などをもよおす可能性があります。1日1杯と、決まりを設けて計画的に楽しむのが良いでしょう。

市販のカフェオレのカロリーに注意

カフェや喫茶店で飲んだり、コンビニやスーパー、自販機で購入したり、自宅で作ってみたりと様々な場所で手軽に飲むことができますが、ここで注意したいのは市販で販売されているカフェオレです。なぜかと言うと、市販のカフェオレは、通常の物に比べ牛乳の割合や砂糖の量が多くなっている商品が多いからです。その結果カロリーが増え、同じカフェオレを飲んでいるつもりでも、買った場所によってカロリーが変わってしますのです。

砂糖の量・種類に注意

カフェオレの一番のカロリー摂取の原因になるのは、やはり砂糖でしょう。砂糖の摂取のしすぎで一気に高カロリーな飲み物になってしまうこともありえます。ですので、砂糖の量を調節することによってカロリーの過剰摂取を控えることが大事です。砂糖一つ分をすべてカフェオレに混ぜるのではなく、砂糖の量を2/3や半分だけと少なめにすることで少しずつカロリーの摂取を減らします。また、砂糖の種類によってもカロリーが異なるため注意が必要です。

 




糖質制限ダイエット中のカフェオレ(加糖)の効果的な飲み方

ダイエット効果を得るために、より効果的なカフェオレ(加糖)の飲み方を紹介します。

効果的な飲み方① 低脂肪牛乳で飲む

牛乳を混ぜるときに、生乳100%の牛乳を使用するのではなく、低脂肪牛乳を選ぶと良いでしょう。低脂肪牛乳は普通の牛乳に比べて、乳脂肪分が0.5 %以上、1.5%以下に取り除かれています。けれども、たんぱく質やカルシウムの量は普通の牛乳とほとんど変わらないという特徴があります。そうすることで、より脂肪分を抑えダイエットに適したカフェオレを味わうことができます。また、コーヒーも無糖のものを選ぶとなお効果的でしょう。

効果的な飲み方② ホットで飲む

もう一つの効果的な飲み方は、カフェオレをホットで飲むことです。あたたかいものを飲むことで体があたたまり、新陳代謝がよくなります。体内の活動が活発になり、基礎代謝も上がります。また、あたたかいものを飲むことで、冷え性や低体温の予防にもつながります。

暑い時期でも、屋内で冷房がガンガン効いており肌寒く感じる場所も多々あります。そんなときは、ホットでカフェオレを飲むことでよりダイエット効果を高めましょう。

カフェオレ(加糖)の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はカフェオレ(加糖)の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にカフェオレ(加糖)をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにカフェオレ(加糖)は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加