紅芋タルトの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




しっとり濃厚な芋餡と、さくさくのタルト生地が人気の紅芋タルト。今ではすっかり沖縄土産の定番なので、食べたことがある方も多いはず。

でも皆さまがダイエット中なら話は別です。1個当たりのカロリーや糖質量もわからないし、そもそも紅芋タルトはダイエット中に食べても大丈夫なおやつなのでしょうか。

今回は、紅芋タルトのカロリーや糖質量、ダイエット中に安心して紅芋タルトを食べられる食べ方などを解説いたします。

紅芋タルトの糖質量

紅芋タルトも今や様々な会社で発売されていますが、今回は沖縄土産として一番人気の紅芋タルト、皆さまが一番良く見かける紅芋タルトで検証します。

一般的には、紅芋タルトの1個当たりの重さは32gほど、糖質は17.2gほどです。

 

糖質制限ダイエットをしている方は、1日の糖質摂取量を100g以下に抑えることが基本となります。

計算すると、紅芋タルト1個で1日の摂取量の約1/6を摂取することになります。

1日の量の1/6と聞くと対した量ではないと思うかもしれませんが、紅芋タルトの大きさを考えると大きさの割に糖質が高いことがわかると思います。

 

紅芋タルトのカロリー量

紅芋タルトのカロリーは、1個当たり111kcalです。

これは他の食品に換算すると、ご飯を軽くよそって約半分、牛乳約160ccに相当します。

紅芋タルトはタルト生地にバターや小麦粉を使っていますし、量を考えるとカロリーの高いおやつに分類されます。




紅芋タルトのダイエット効果

大きさの割に糖質・カロリーが高い紅芋タルトですが、紅芋タルトにはダイエット効果のある成分も含まれています。

「紅芋タルトを食べれば痩せる!」というような効果ではないのですが、少なくとも一般的なケーキを食べるよりは良い、というようなダイエット効果がありました。

①Wの食物繊維で腸内環境改善

紅芋タルトに使われている沖縄産“紅芋”とは、正式にはさつまいもの一種の“紫芋”のこと。

沖縄の言葉で紫芋のことを紅芋と呼び、主に沖縄・鹿児島で育てられています。

この紫芋は紅芋に比べて甘味が少ない品種が多かったので、焼き芋のようにそのまま食べるのではなく、ケーキや和菓子などに加工して利用することが多いのだそうです。

 

そんな紫芋には、一般的なさつまいもと同じように、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に分けられるのですが、紫芋にはこの両方の食物繊維が含まれています。

水溶性食物繊維は余分な成分を取り込み、ゆっくり腸まで運ばれた後、善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えます。

他にも血糖値の急上昇を抑制したり、血中コレステロールを減らす役割を担います。

一方、不溶性食物繊維は水分を吸収して数十倍に膨らみ、腸でぜんどう運動を起こし、便秘解消に効果を発揮します。

紫芋にはこのふたつの食物繊維が含まれているので、バランスよく腸内環境を整えることができます。

②アントシアニンで脂肪吸収抑制

紫芋の紫の部分には、目に良いことで知られるポリフェノールの一種・アントシアニンが含まれています。

アントシアニンは血糖値を安定させ、内臓脂肪をためにくくしてくれる効果があると言われています。

他にも抗アレルギー効果・アンチエイジング効果・抗炎症・冷え性の改善など、女性に嬉しい効果がたくさん期待できます。

活性酸素を除去し、錆びない身体づくりに貢献してくれるので、身体全体の機能が向上。滞っていた代謝も整って来るので、自然と痩せやすい身体に近づくことが出来ます。

③大豆ペプチドで脂肪燃焼促進

紅芋タルトの成分を調べると、大豆ペプチドが含まれていることがわかります。この大豆ペプチドは基礎代謝を増やしてくれる効果があります。

基礎代謝が増えればそれだけ身体に脂肪がつきにくくなりますので、ダイエットに効果的です。

さらに大豆ペプチドには脂肪の燃焼を促進させてくれる効果があるので、運動前に食べることで効率よく脂肪を燃焼してくれる効果も期待できます。

他にも肝機能向上作用により疲れにくい身体になったり、ストレスホルモンを抑制してくれることから、ダイエット時の食べないイライラや不満から解放してくれる効果も望めます。

糖質制限ダイエット中に紅芋タルトを食べる時の注意点

紅芋タルトにはダイエットに効果的な成分も含まれていることがわかりましたが、決して糖質・カロリーが低い食べ物ではありませんので、ダイエット中に食べるには注意が必要です。そこで気を付けたいポイントをあげてみました。

①糖質量を計算して食べ過ぎないように

紅芋タルトの糖質量は1個当たり17.2gです。1日に抑えたい糖質量を100gと考えれば、さほど神経質になる量ではありません。

他の食事の糖質量を抑えたり、量を調整して食べる分には全く問題ないと言えます。食べる時は量を決めて味わって食べましょう。

②運動前に食べる

大豆ペプチドの脂肪燃焼効果を利用し、運動前に食べることで脂質と糖をエネルギーに変えましょう。

体重にもよりますが、100kcalを消費する運動は、ゆっくり歩いて35分、普通に歩いて25分、軽いジョギングで15分と言われています。紅芋タルトは1個111kcalなので、これらの運動時間を少し長くすれば紅芋タルト1個分くらいのカロリーは消費できます。

かといっていくつも食べるのは良くありませんが、食べてしまったらこのくらいの運動を普段の生活にプラスする!など、自分なりのルールを作るのも楽しいかもしれません。

 




糖質制限ダイエット中に紅芋タルトを食べても太らない効果的な食べ方

①おやつは脂肪がつきづらい3時がオススメ

お昼ご飯を12時に食べ、夕食を19時以降に食べるとすると、その間に何も食べないと空腹感から却って夕食を食べすぎてしまう場合もあります。そのためちょうど中間である15時頃に、脂質と糖質の含まれているおやつを少量食べることで、次の食事までお腹がすきすぎるのを防ぐことが出来ます。

ダイエット時には脂質を過剰にカットしてしまいがちですが、脂質は身体を構成するうえで必要な成分でもありますし、脂質と糖質を一緒に摂ることで満足感が生まれます。

せっかくダイエットを成功させても、肌がガサガサだったり艶のない髪では、女性としての魅力は半減ですよね。そのためにも食べる時間を考え、脂質と糖と上手にお付き合いしましょう。

②飲み物はたっぷりと

紅芋タルトには食物繊維が含まれていますので、水分を一緒に摂ることで胃と腸で膨らみ、満腹感が持続しやすくなります。

この時の飲み物はジュース類などの加糖されているものでなければなんでも良いのですが、もし紅芋タルトを食べた後に軽く運動するのであれば、珈琲・紅茶などのカフェインが入った飲み物を摂ることがオススメです。

カフェインはリパーゼという消化酵素の働きを高めてくれるため、脂肪の燃焼に効果を発揮します。

紅芋タルトに含まれる大豆ペプチドとの相乗効果で、運動時に効率よく脂肪燃焼を助けてくれます。

無糖の珈琲や紅茶を飲むのは味気ない、と思っている方にも、紅芋タルトのような甘いものと一緒に飲むなら物足りなさも軽減されるのではないでしょうか。

③個包装を生かす

おやつに紅芋タルトをおすすめする利点は、個包装であることも挙げられます。

とかくダイエットで甘いものを我慢しているときは、お菓子の袋を開けたら最後、止まらなくなってしまう!なんて話も良く聞きます。その点紅芋タルトはたいていのメーカーが個包装で販売してますので、お菓子のだらだら食いを防ぐことが出来ます。

食べる分だけ出して食べる、あとは閉まっておく。おやつを食べすぎないことはダイエットの基本です。

低カロリー・低糖質の紅芋タルトでダイエットを成功させよう

紅芋タルトはは糖質・カロリー共に、決して低い食品ではありませんが、脂質たっぷりのクリームを使ったケーキよりは紫芋を使っている分ヘルシーで、前後の食事に工夫をすれば1個くらい食べても安心なお菓子です。

紅芋タルトは、始めは読谷村のちいさな洋菓子店が、地元を愛する気持ちから始めた村おこしがきっかけだったそうです。

地元を愛する気持ちを思い、量や時間を調節しながら、上手に紅芋タルトを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加