キルダケスリムを使用する際の注意事項について詳しく掲載しています。キルダケスリムを妊娠中・授乳中・産後などに使用(着用)しても大丈夫なのか、健康に害はないのかなどを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

キルダケスリムの副作用や注意点について

キルダケスリムの副作用

キルダケスリムに副作用はありません。ただし、体に圧力がかかる商品ですので、過度な圧迫感を感じたり、貧血・めまい・吐き気や痺れなどを感じたら。一度使用するのをやめて、体調の様子を見て使用するようにしましょう。

キルダケスリムの注意点

  • お肌に合わない場合や、かぶれ・かゆみ等を感じた場合はご使用をおやめください。
  • 生地部分に爪を立て、無理に引っ張ると破れる恐れがあります。着脱の際はご注意ください。
  • ご使用中、またはご使用後に異常を感じた場合はすぐにご使用をおやめください。
  • 締めすぎや長時間着用される場合は、適度な着脱を繰り返してください。
  • 火気のそばや高温多湿な場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。
  • 本来の目的以外でのご使用はおやめください。
  • 使用感には個人差があります。

キルダケスリムは産後(授乳中)や妊娠中に着用しても大丈夫?

産後(授乳中)の着用について

キルダケスリムは、産後(授乳中)の着用をしても問題ありません。ただし、産後直後や授乳期間中はまだお腹がポッコリしていると思いますので、無理に着用をすると締め付けによる体調が悪くなったり、痺れを起こしたりする可能性もありますのでご注意ください。

妊娠中の着用について

キルダケスリムの妊娠中の着用は基本的に避けましょう。腹部やバストを極端に圧迫するため、妊娠中に着用することで、お腹の中の赤ちゃんに害を与えてしまったりする可能性があります。

まとめ

妊娠中の着用は避けましょう

キルダケスリムは、妊娠中の着用だけは絶対に避けましょう。授乳期間中については着用しても問題ありません。

キルダケスリムの関連記事

キルダケスリムのお役立ち情報はこちら!