くずまんじゅう(水まんじゅう)の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




 

夏につるんといただくと涼を感じるくずまんじゅうですが、糖質制限ダイエット中に食べてもいいのでしょうか。

くずまんじゅうの糖質量とカロリーについてご紹介していきます。

くずまんじゅう(水まんじゅう)の糖質

くずまんじゅう一つ49gあたりの糖質量は22.9gとなっています。くずまんじゅうは葛粉と水、砂糖、こしあんから出来ています。くずにはそれほど糖質は含まれていませんが、中にいれる砂糖に糖質が含まれているために、糖質量は多めになっています。

くずまんじゅう(水まんじゅう)のカロリー

くずまんじゅうのカロリーは1個49gあたり、99kcalとなっています。夏のおやつに二つくらい食べる分にはカロリー的にはあまり問題ないでしょう。くずまんじゅうのカロリーのほとんどは糖質によるものです。

 




くずまんじゅう(水まんじゅう)のダイエット効果

①カリウムでむくみ解消

くずまんじゅうにはカリウムが含まれています。カリウムは利尿作用がありからだのむくみを解消する効果が期待できます。体重はそんなに変わっていなくても体がむくんでいるとズボンが入らなくなったり、足がパンパンになったりして辛いものです。カリウムをしっかりとって体のむくみを解消しましょう。

②ポリフェノールでアンチエイジングにも効果的

くずまんじゅうに含まれている餡子は小豆で出来ていますので、小豆にはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、体の活性酸素を除去する効果がありますので、アンチエイジングにも効果的です。

 

③食物繊維で排泄効果アップ

くずまんじゅうに含まれている餡子には食物繊維も豊富です。食物繊維を取ることで、腸内環境が整えられて、体の毒素や不要物が外に排出されていきます。余分な脂質や糖質もからめとって排出していきますので、ダイエット中にも積極的にとっていただきたいです。

④体を温めたり消化を良くする効果

くずには体を温めたり消化を良くする効果があります。胃腸を整えたり血流をよくする効果がありますので、少し胃腸が悪いときなどでも体に優しい食品となっています。古くから薬膳として用いられてきた食品でもあります。

糖質制限ダイエット中にくずまんじゅう(水まんじゅう)を食べる時の注意点

①食べすぎには注意

くずまんじゅうは水分と糖質から出来ているといっても過言ではありません。砂糖をふんだんに使ったお菓子でもあるので、糖質制限中にはたくさん食べることは控えた方がよさそうです。

おやつに食べるのであれば、1~2個を目安に食べるといいでしょう。くずまんじゅうは腹持ちという意味ではそこまでお腹いっぱいになるものでもないので、小腹がすいたときに三時のおやつに一つつまむ程度で我慢するといいでしょう。

②くずにはビタミン類は含まれていない

くずにはビタミン類がふくまれていません。くずまんじゅうには小豆が入っているので、小豆でビタミンを補給できるかと思います。

ミネラル分は少し含まれています。栄養バランス的にはあまりいいとは言えませんので、ご飯代わりに食べたりすることは避けた方がいいでしょう。サポニンという成分が含まれていますので、サポニンが脂質の代謝を助けてくれます。

 




糖質制限ダイエット中にくずまんじゅう(水まんじゅう)の効果的な食べ方

①お茶やお抹茶といただく

くずまんじゅうを食べるときには、お茶やお抹茶を一緒にいただくといいでしょう。お茶にはカテキンやビタミンCなどが含まれています。くずまんじゅうの甘さもお茶で中和することが可能です。おやつにいただくのであれば、午後2~3時くらいにいただくと脂肪に変わりにくいと言われています。

②病み上がりにも効果的

くずまんじゅうは冷たくて消化の良いものですので、胃の調子が悪いというときにも胃腸に優しい食材となっています。おやつを食べるときには、ケーキなどもあるかもしれませんが、くずまんじゅうにすると一つ100kal程度で満足のいくおやつタイムになるでしょう。

ダイエット中でもストレスを溜めずに継続するために、一日200kcal程度は間食しても大丈夫です。ご飯の量も調整しつつ、こまめにエネルギー補給をすると結果痩せていくことにもつながっていきます。

低カロリー・低糖質のくずまんじゅう(水まんじゅう)でダイエットを成功させよう

糖質制限ダイエットをしているのであれば、おやつを葛饅頭にしてみるというのはいかがでしょうか。葛饅頭は胃腸にも優しい食材となっています。イソフラボン誘導体が含まれていますので、更年期障害などを緩和する働きもあり、女性にもおすすめの和菓子となっています。生姜湯などと一緒にいただいてもいいでしょう。

 

くずまんじゅうをおやつに取り入れて、ストレスが少ない状態でダイエットを続けていけるといいでしょう。ただくずまんじゅうはほとんど糖質で出来ていますので、食べる量には気を付ける必要があります。比較的低カロリーですが、糖質量は二つ食べることで、一食分の糖質量に相当します。食べすぎないように注意していきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加