海外でも「ハッピーハーブ」や「サンシャインハーブ」として注目を集めています。日本でもメディアを通じ話題になっています。

しかしサプリで本当に効果を実感できるのか信じがたい人もいるでしょう。

今回は、実際に試して効果がよかったもの、ネットでの口コミがよかった信頼できるセントジョンズワートサプリを口コミ・評判から効果など様々な観点で比較し、ご紹介しますので購入を検討している方はぜひご参考にしてください!

 

セントジョンズワートサプリは効果なし?何を選べば良いかわからない

セントジョンズワートサプリは黄色い花を咲かせる多年草で「オトギリソウ科」の植物、ヨーロッパや中央アジアに広く分散し野生にもあるハーブです。このハーブは精神治療やうつ病などに効果があると古くから使用されています。

精神面やうつ病には十分な休息でストレスを取り除くことが大切ですが、忙しい現状なかなか十分に休み心をケアする余裕がありません。

 

今回はサプリを活用しストレスを軽減したいという同じような悩みを抱えた人の為に、学生・社会人・男性・女性・主婦など職業毎や10代・20代・30代・40代・50代以上などの年齢別の方でも目的にあったセントジョンズワートサプリを選べるように作成しています。

 

また、セントジョンズワートサプリを30種類以上種類に対して独自調査・実体験・電話取材・口コミ調査などを実施し、セントジョンズワートサプリの特徴・成分・値段・効果などの観点から徹底比較!また、調査結果を元に本当に効果があるかレビューするために、モニターさんを全国から招集し徹底比較し決定していきました

 

調査の中で、セントジョンズワートサプリの中にも本当に効果があったもの、効果があるけれど時間がかかるもの、効果がないものなど様々な商品があることが判明しました。また、効果がないと思われるセントジョンズワートサプリの中でも、効果がでない理由があったのです。

 

本記事では、セントジョンズワートサプリを買うのが初めてで不安な初心者でも納得できるサプリを、わかりやすく比較できるようランキング形式で紹介しています!ぜひ参考にしてみて下さい!

 

セントジョンズワートサプリを選ぶ時の3つのポイント

セントジョンズワートサプリと言っても種類は様々あります。効果が高いセントジョンズワートサプリを選ぶには「抽出物300mg以上のもの」「錠剤・カプセルタイプのもの」「有効成分を確認」この3つを重点的に確認することです。

 

セントジョンズワートサプリは、成分・効果・機能性表示・効果の科学的根拠などを確認した上で買うようにしましょう!それでは、セントジョンズワートサプリを選ぶ上で重要なポイントをご紹介していきます!

抽出物300mg以上のものを選ぶ

1日摂取量が300mg以上抽出されているものが良いとされています。その理由は300mg以上で効果を感じている人が多く、少なすぎると効果を発揮できないためです。セントジョンズワートの1日の日本人の摂取量は900mgぐらいを適量としています。効果には個人差があるので、300mg以上からで自分にあった量を最初は少量ずつから調整してみると良いでしょう。

錠剤・カプセルタイプのものものを選ぶ

セントジョンズワートはもともとハーブティーとしても用いられています。そのため、お茶として飲むタイプも人気ですが、セントジョンズワートの有効性分である「ヒペリシン」「ヒペリフォリン」は水にとけない性質を持っています。そのためお茶で飲むと効果を得ることが期待できないので、錠剤やカプセルタイプのもので摂取することをお勧めします。

有効成分を確認する

セントジョーンズワートの有効成分は「ヒペリシン」「ヒペリフォリン」の2種類があります。ヒペリシンには抗ウイルス作用があります。ヒペリフォリンにはモノアミン神経伝達物質の脳内減少を抑える作用があります。この2つの有効成分の相互作用により、様々なメリットを得ることができます。サプリにヒペリシンが0.3%、ヒペリフォリンが3%配合されているものが効果的ですが、サプリによりまちまちで記載があるかもまちまちです。パッケージに表記があるか確認してみましょう。

 

【2018年最新】セントジョーンズワートサプリおすすめ総合ランキング

それでは、2018年にクラベル編集部が選んだみんなにおすすめしたいセントジョーンズワートサプリをご紹介していきます!

独自調査をもとに厳選したセントジョーンズワートサプリを購入して試してもらった結果ネット上にあふれる口コミ・評価なども調査して決定しました!まずは上位に入ったセントジョーンズワートサプリをぜひご覧下さい!

 

サトウセントジョーンズワート

サトウセントジョーンズワート

 

  • 価格:1678円
  • 内容量:120粒
  • 目安:1日3粒

おすすめポイント

1日あたり3粒で300mgセイヨウオトギリソウエキスを配合しています。薬と健康を見つめる1915年から創業している日本の製薬会社なので、安心して飲むことができます。「飲むと眠くなりぐっすり眠れるようになった」「1日1粒でも効果があった」「イライラが減って前向きになれた」「楽になった」と口コミで好評です。

 

DHC セントジョーンズワート

DHC セントジョーンズワート

 

  • 価格:918円
  • 内容量:120粒
  • 目安:1日4粒

おすすめポイント

セントジョンズワートの有効成分である「ヒペリシン」「ヒペリフォリン」に加え抗酸化作用や抗菌作用・殺菌作用がある「フラボノイド」も配合されています。1日4粒でセントジョンズワートエキスを650mg摂取できます。手軽な値段で試すことができ、大手DHCのメーカー商品なので安心して継続し使うことができます。

GAIA NP(ガイア・エヌピー) セントジョーンズワート

GAIA NP(ガイア・エヌピー) セントジョーンズワート

 

  • 価格:2495円
  • 内容量:120粒
  • 目安:1日4粒

おすすめポイント

1日4粒にセントジョーンズワート抽出物を400mg、うちヒペリシン量として1.2mg以上配合しています。「ぽわーん」と和むことができた「無理して疲れてどうにも動けなくなったときに使っています」「定期購入しています」「辛い日々に耐え続けている方におすすめです」と自分のタイミングに合わせて飲んだり、継続して購入している人が多いようです。

セントジョーンズワートティー

セントジョーンズワートティー

 

  • 価格:1500円
  • 内容量:50パッグ

おすすめポイント

かすかな苦味とすっきりした香りが楽しめるハーブティーです。ノンカフェインなので授乳中の方や妊婦さんにも愛飲して頂けます。ハーブティーなので、コットンなどの布袋に入れ、浴槽へ入れれば天然アロマ入浴が楽しめます。また煮出したハーブティー液をリンスとして使えば心地よい香りに癒されながら眠ることができます。

acquavita(アクアヴィータ) セントジョンズワート

acquavita(アクアヴィータ) セントジョンズワート

 

  • 価格:1825円
  • 内容量:30粒
  • 目安:1日1粒

おすすめポイント

サプリ先進国であるアメリカが原産で、GMP認定工場で生産されているので安心です。1日1粒で標準化されたセントジョンズワート(ヒペリシン0.3%)300mgを配合しています。オーガニック生のセントジョーンズワートを6時間以内にフレッシュフリーズドライ加工し、できるだけ新鮮なものを使っているので有効成分を損なうことなく摂取できます。

NOW Foods セントジョーンズワート

NOW Foods セントジョーンズワート

 

  • 価格:1595円
  • 内容量:250粒
  • 目安:1日2粒

おすすめポイント

セントジョーンズワートエキス(ハーブ) 300mgに有用成分であるヒぺリジンが0.3%以上配合されています。250粒のお徳サイズでコスパの良い商品です。「こんな良いサプリがあるのならもっと前から知りたかった」「口数が増えた」「濃いハーブの匂いがして落ち着く」「笑顔や笑いが増えた」「優しい気持ちになれた」と効果を感じる人が多いようです。

リラクミン

リラクミン

 

  • 価格:3900円
  • 内容量:90粒
  • 目安:1日3粒

おすすめポイント

日本人は北米人に比べ消化能力が低いので、日本人にあった吸収しやすいサプリを提供しています。神経伝達物質であり幸せホルモンと言われている「セロトニン」を分泌させ心をゆったりと優しい気分に変えてくれます。1日3粒にセントジョーンズワート300mg配合しています。他にも休息の質をサポートする「クワンソウ」不安をサポートする「トリプトファン」頑張るあなたに「ギャバ」ストレスと戦う「エゾウコギ」を配合しています。

セントジョーンズワートサプリの5つの効果

セントジョーンズワートサプリには精神面をサポートする様々な効果があります。「抗鬱作用」「PMSや更年期障害」「抗ウイルス効果」「ホルモンバランスを調整する効果」「不眠」に効果があります。それぞれ紹介します。

 

抗鬱作用がある

セントジョーンズワートは中度のうつ病の治療に使用されていることで有名です。幸せホルモンである「セロトニン」の働きや、興奮作用のある「ドーパミン」鎮静作用のある「ギャバ」などの働きをサポートします。

抗不安作用にも効果があるためリラックスしたい方にもおすすめです。

PMSや更年期障害に効果的

女性の悩みでもある生理中の不安な症状やイライラ、不快な感情など「PMS」と言われる精神面の症状や、閉経によって起こる不安な気持ちや記憶力の低下など更年期障害に効果があります。

気分の落ち込みが激しい方にもおすすめです。

 

抗ウイルス効果

セントジョーンズワートには「抗菌作用」があるので、ヘルペスや免疫が落ちることで感染するヘルペスの仲間、インフルエンザやC型肝炎、HIVやエイズなどのウイルスによる感染を防ぐ効果があります。

免疫力が低下している時にもおすすめです。

ホルモンバランスを調整する効果

ホルモンバランスを調整することにより、甲状腺機能低下症の症状を緩和し正常にホルモンを分泌できるようになります。うまくホルモンバランスを調整できないと神経系、心臓、代謝などの各器官の働きが低下し強い倦怠感や無力感、聴力の低下などにつながってしまいます。

便秘や腸閉塞、橋本病などの方にもおすすめです。

不眠を改善する効果

夜睡眠を誘い出すホルモン「メラトニン」は昼間の「セロトニン」の分泌により分泌されます。セントジョーンズワートがセロトニンを増やし、リラックスさせる効果がるので不眠を改善するサポートをします。

ノルアドレナリンの過剰分泌を抑制するので、ストレスの緩和にも役立ち不眠症にも効果的です。

 

セントジョーンズワートサプリの効果を上げる3つの飲み方

サプリを買ったものの、いつどのようにして飲むのが一番効果的なのか気になりますよね。食前・食後・睡眠前など効果を出すのためにはいつが一番効果的なのでしょうか?

結論から言うと、入浴前や睡眠前に摂取するのがおすすめです。

睡眠前や入浴前に摂取する

セントジョーンズワートの「セロトニン」によるリラックス効果で入浴前に摂取すればさらにリラックスでき、睡眠前に摂取することで心地よい眠りに入ることができます。口コミにもありましたが、セントジョーンズワートサプリを飲んですぐ眠気がくることもあります。初めてサプリを試す場合は特に睡眠前に飲んで試してみましょう。

数回に分けて摂取する

1度に1日分を摂取するよりも、数回に分けて摂取する方が体内で有効成分を長く一定に保つことができます。セロトニンを増やす効果を持続することでリラックスできたり、イライラや不安な気持ちから解消され、セントジョーンズワートの効果を長く実感できます。気持ちが不安定になりやすい方は特に数回に分けて摂取することをお勧めします。

サプリを飲むときは必ず常温またはぬるい水で飲む

カプセルやタブレットのサプリメントを飲むときは、コップ一杯の常温の水で飲むのが基本です。胃を適度に刺激して活性化させてくれるからです。お茶やコーヒーなどで一緒に飲んでしまうと、お茶やコーヒーに含まれるカテキンやカフェインが栄養の吸収を妨害してしまう恐れがあります。サプリを飲むときはたっぷりのお水で飲むようにしましょう。

 

セントジョーンズワートサプリは安全?危険性・副作用

医薬品の効果を弱める

セントジョーンズワートサプリを長く摂取することで様々な医薬品の効果を弱めてしまいます。ヨーロッパでは医薬品として医師が処方しています。「抗うつ剤」「抗てんかん剤」「気管支拡張薬」「抗凝固剤」「強心剤」「抗不整脈薬」「免疫抑制剤」「経口避妊薬」「偏頭痛薬」などがあります。病院で薬をもらう際、薬を飲む際は医師に相談してみましょう。

妊娠中・授乳中の方は注意する

安全性の高いハーブなのでアメリカやヨーロッパで男女問わず人気ですが、妊娠中・授乳中の方は注意が必要です。妊娠中にセントジョーンズワートサプリ摂取することで子宮の筋肉を緊張させてしまう効果がありお腹のハリや流産につながることもあります。授乳中だとセントジョーンズワートのリラックス成分などが赤ちゃんにも流れてしまい、眠がちだったり無気力になってしまうこともありますので注意が必要です。

 

セントジョーンズワートサプリを活用して、和やかな毎日を過ごそう!

いかがでしたか?今回はセントジョーンズワートサプリについてご紹介しました。

忙しい日々の中感じるストレスや、女性特有の不安な気持ちなど精神面でのサポートにセントジョーンズワートサプリが役立ちサポートしてくれます。眠れない時、どうしても不安な時サプリにほんの少し頼ってみるのもいいかもしれません。

サプリの正しい使い方や注意点を理解した上で、セントジョーンズワートサプリを活用し

ストレスから解消され和やかな気持ちで生活しましょう。