まんじゅうの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

まんじゅうの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

「ダイエット中はスイーツを控えたほうがいい」と頭ではわかっていても、たまには食べたくなりますよね。甘党の人はつい我慢できずに食べてしまい、後で後悔と罪悪感にさいなまれる…なんて経験もあるのではないでしょうか?

 

スイーツの中でも、今回はまんじゅうの糖質やカロリーについて調べてみました。太らない食べ方もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

まんじゅうの糖質量

まんじゅうの糖質量は、1個(50g)につき約28gです。糖質制限ダイエットをしている人にとっては、まんじゅう1個を丸々食べると少し糖質の取りすぎになります。

 

糖質制限ダイエットで、3食すべての糖質を制限する場合は、とくに注意が必要。まんじゅう1個を食後に食べるだけで、簡単に糖質オーバーします。

まんじゅうのカロリー量

まんじゅうのカロリーは、1個(50g)あたり約136kcal。脂質が低いので、油分が高い洋菓子とくらべると、カロリーは低めです。

 

参考までにショートケーキ1個(90g)は310kcal、パウンドケーキ(50g)は220kcalとなります。まんじゅうのカロリーは低くはないとはいえ、洋菓子とくらべると低いのがわかります。

まんじゅうの食材一覧

  • 薄力粉
  • 砂糖
  • こしあん
  • つぶあん

まんじゅうのダイエット効果

基本的にまんじゅうは、ダイエット中に食べないほうがいいでしょう。洋菓子よりも低カロリーだとはいえ、糖質量は同じか、洋菓子以上にあります。

 

しかし甘い物がやめられない人にとっては、和菓子は洋菓子より腹持ちがよく低カロリー。どうしても甘い物が食べたいときには、手作りがおすすめです。

 

まんじゅうの材料である小豆には、以下のダイエット効果もあります。

小豆の便秘解消効果

あんこの原料である小豆には、食物繊維が豊富に含まれています。ダイエット中は食物繊維をたくさんとって、便秘にさよならしたいところ。

 

ダイエット中は、ご飯やパンなどの炭水化物を抜くことにより、食物繊維が不足しがち。忘れがちですが、炭水化物は糖質だけでなく、食物繊維も含んでいます。

このため、食事から炭水化物を抜く生活を続けていると、便秘になりやすいのです。便秘になると体重が増えるだけでなく、ニキビや吹き出物の原因にもなるので、注意しましょう。

小豆のむくみ解消効果

ダイエット中は体のむくみが気になりませんか?体がむくんでいると、なかなか体重が落ちにくいものです。
「食事制限しているのになかなか痩せない!」「脚のむくみがひどい」という人は、むくみを解消するカリウムたっぷりの食生活を心がけましょう。

 

小豆にはカリウムが豊富に含まれています。小豆100g中のカリウムは、バナナのなんと4倍以上。これは摂取しない手はありません。

糖質制限ダイエット中にまんじゅうを食べるときの注意点

糖質制限ダイエット中にまんじゅうを食べたい甘党の人は、まんじゅう1個ではなく半分だけ食べるようにしましょう。あらかじめ半分にカットしておくことで、食べすぎを防げます。まんじゅう半分の糖質量は約14gなので、ゆるい糖質制限ダイエットの場合は許容範囲でしょう。

 

ただし糖質制限ダイエットでも、1回の食事の糖質量を10g~20g以下に抑える「スーパー糖質制限ダイエット」をしている人は、まんじゅう半分でもまだ多いくらいです。そんな人はまんじゅうを食べないか、手作りすることで糖質量を抑えるようにしてください。

糖質制限ダイエット中に太らないまんじゅうの効果的な食べ方

まんじゅうでも、工夫することで糖質とカロリーをぐっと抑えられます。基本は手作りすることですが、手作りするときのポイントについて見ていきましょう。

小豆を焚いてあんこを作る

いくらあんこに美容効果があるといっても、糖質量を考えると市販のまんじゅうは避けたほうが無難。代わりに糖質量の低いまんじゅうを、手作りしてはいかがでしょうか?

 

手作りといっても、市販の缶詰のあんこを使用するのでは、手作りの意味がありません。缶詰のあんこには、砂糖がたっぷり含まれているので、使わないようにしましょう。糖質・カロリーを抑えるなら、小豆からあんこを焚くのが大切です。

砂糖の代わりにエリスリトールを使用する

最近は、砂糖の代わりにエリスリトールを使った「低糖質スイーツ」が人気。コンビニでも、見かけたことのある人は多いのではないでしょうか?

 

低糖質スイーツの袋の表記をよく見てみるとわかりますが、砂糖の代わりに一部エリスリトールが使用されています。つまり砂糖の代わりにエリスリトールを使うことによって、糖質・カロリーを抑えているのが低糖質スイーツです。

 

エリスリトールは天然の甘味料で、体内にほぼ吸収されない糖分なので、摂取してもそのまま体の外に排出されます。食べても糖分とカロリーが身につかないなんて、スイーツ好きにはとってもありがたいです。

 

少し手間ですが、あんこを焚くときには、砂糖の代わりにエリスリトールを使いましょう。自宅で簡単に低糖質スイーツが作れます。

低カロリー・低糖質のまんじゅうでダイエットを成功させよう

ダイエット中は、まんじゅうは避けたほうがいいでしょう。とはいうものの、たまにはあんこたっぷりのまんじゅうを堪能したいですよね。そんなときは、糖質とカロリーをカットしたまんじゅうを手作りしてみてください。

 

まんじゅうだけでなく、手作りのスイーツを作るときは、エリスリトールはとっても重宝します。ぜひ試してみてください。

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加