あんこ(餡子)の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

あんこ(餡子)の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

どらやきやおしるこに入っている餡子があります。甘いものが好きな人には餡子は欠かせない存在である場合も多いでしょう。

あんこは糖質制限中にも食べても大丈夫なのでしょうか。あんこの糖質量とカロリーについてご紹介していきます。

あんこ(餡子)の糖質量

あんこの糖質量は100gあたり20.3gとなっています。どら焼きの中身ですと、カスタードクリームが24.5g、黄な粉が14.5g、生クリームが3.1gとなっていますので、比較的糖質量は高い食材となっています。

あんこ(餡子)のカロリー

餡子のカロリーは作り方によっても変わってきますが、100gあたり249kcalとなっています。砂糖が多く配合されていますので、砂糖の量によってもカロリーは変わってきます。

黄な粉だと100gあたり432kcal、カスタードクリームだと172kcal、生クリームだと400kcalになりますので、餡子は比較的カロリーの高い食材です。

あんこ(餡子)のダイエット効果

①ビタミンB1,ビタミンB2で代謝アップ

餡子の原材料となる小豆に含まれている栄養素にはビタミンB1とビタミンB2があります。ビタミンB1は体の糖質の代謝を高めてくれるビタミンになりますので、小豆に含まれている糖質も効率よくエネルギーに変えることが可能となっています。

ビタミンB2には体の脂肪を燃やして代謝をアップする効果がありますので、これらのビタミンをしっかり補うことで脂肪や糖質が燃えやすい体になっていきます。

②サポニンとカリウムで排泄促進

小豆の皮に含まれるサポニンという成分には利尿作用があります。またカリウムにもむくみを改善する効果がありますので、濃い味付けなどで体に水分が溜まっている場合には、余計な水分を排出してむくみを改善してくれる効果が期待できます。

それほど太っていない場合でも、体がむくんでいるとズボンが入らなかったり、足がパンパンになったりして辛いものです。小豆にはむくみを改善する効果があります。

③食物繊維で満腹感が得られる

小豆の皮には食物繊維が含まれています。便秘になるとお腹がパンパンになり体重も増えますし、体に余計なものをため込むと腸で栄養の再吸収が起こって、太る原因にもなります。

お通じの良くない体は代謝も悪くなっていますので、どんどん老廃物や毒素をため込みやすくなっています。あんこに含まれる食物繊維で、腸内環境を整えて不必要なものをすっきり出せるといいでしょう。

④ポリフェノールでアンチエイジング

小豆にはポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果的ですので、若々しい素肌を保つことが出来ます。活性酸素を除去する効果もありますので、生活習慣病やがんの予防にも効果的があるでしょう。

糖質制限ダイエット中に餡子を食べる時の注意点

①砂糖の取りすぎには注意

餡子は甘いものですので、砂糖がふんだんに使われています。砂糖は糖質で出来ていますので、餡子を食べると血糖値が上がります

。血糖値が急速にあがると大量のインシュリンが分泌されて、余計な糖質は中性脂肪として蓄積されていきますので、血糖値の上昇を穏やかにすることが必要になります。あんこを摂取するのであれば、食後などのデザートに少しいただくといいでしょう。

②食べすぎると便秘になる可能性がある

あずきには食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれるのですが、あずきの食物繊維は不溶性の食物繊維となっていますので、食べすぎると便秘の原因になることもあります。

お腹の中の水分を吸収する作用がありますので、腸内で固まると出なくなってしまいます。摂取量には注意していただいてください。

糖質制限ダイエット中に餡子の効果的な食べ方

①緑茶などと一緒に食べる

餡子にも美肌成分が含まれていますが、緑茶にもカテキンやビタミンCなどの美容成分が多く含まれています。

あんこの入ったお饅頭などを3時のおやつに一ついただくことでリラックスタイムにもなりますし、ダイエット中であっても、たまには餡子の入ったお饅頭と緑茶でゆっくりするのもいいのではないでしょうか。満足感を得られることでダイエットも継続して行うことができるでしょう。

②あんこを食べるなら水分の多い食事を

餡子を食べすぎないようにするには、水分の多い食品を取るものいいでしょう。お汁粉にしたり、水ようかんなどを食べることで、満足感が得られてお腹もいっぱいになります。

寒天などを一緒に食べるとローカロリーでも満足できるおやつになりますので、お勧めです。寒天はできるだけ砂糖は不使用の甘くないものがいいでしょう。あんこの甘みで十分に楽しめます。

低カロリー・低糖質の餡子でダイエットを成功させよう。

甘いものはダイエットの敵ともいわれそうですが、ダイエット中でも日ごろ頑張っているご褒美としてたまには甘いお饅頭などもいいのではないでしょうか。間食が習慣化すると太ることもあります。半年ほど甘いものを断ってダイエットに成功したら、餡子の入ったお饅頭などを食べるのもいいでしょう。

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加