白玉団子の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




 

ついつい食べすぎてしまう甘味のお供の白玉団子、そのままだと味がないのでカロリーが低く感じますよね。あまり知らない白玉団子のカロリーや糖質、ダイエット効果や太らない食べ方などについて、気になる情報をまとめました。

白玉団子の糖質量

白玉団子は淡白な味わいから、あまり糖質が含まれていないように感じますが、実は白玉団子100gあたり79.5gと糖質量が多い食材です。重量でいえば白玉団子の半分弱が糖質になります。

白玉団子は単体で食べるというより、フルーツなどと一緒に食べる機会が多いため、ほかの糖質とプラスされるとかなり高い数値になってしまいます。

白玉団子のカロリー量

白玉団子のカロリーは100グラムで369kcalあります。一口サイズにすると約19kcalと少ない感じがしますが、白玉団子って串団子サイズ1個分だけでは満足できず、4.5個はつるんと食べれてしまいますよね。

 

パクパクと食べやすいことから何個でもお腹に入ってしまいますが、一緒に高カロリーなあんこ(100gあたり250kcalほど)などと一緒に食べると、思った以上にカロリーオーバーになってしまうため注意が必要です。

白玉団子の食材一覧

白玉団子はお米で作った白玉粉という食材で作られます。団子にするためには、白玉粉の分量と同じくらいの水を加えて混ぜ合わせ、一口大の大きさにして茹でます。食材がお米なため、思った以上にカロリーや糖質の高い食べ物です。

 

白玉団子はそのままだと味がほとんどないため、さまざまな食材と組み合わせて食べるのが一般的です。こんな方法で食べることが多いですよね。

 

  • きな粉や黒蜜かけ
  • あんみつ
  • みつまめ
  • かき氷
  • おしる粉などの汁物
  • みたらし団子




白玉団子のダイエット効果

白玉団子は高カロリー、高糖質なためダイエットにあまり向いていない食材ですが、食材のもとである白玉粉には意外にもダイエット効果をサポートしてくれる成分が含まれています。

ビタミンB1により糖質代謝をサポート

白玉粉の約8割は炭水化物です。たんぱく質やマグネシウム、食物繊維、ビタミンB1が含まれていますが、このビタミンB1こそがダイエットサポートに働きかけてくれるのです!

 

ビタミンB1は体内に摂取された糖質をエネルギーに変える働きがあります。エネルギーに変換することで体内に増えすぎた糖質を燃やすため、肥満防止にもつながります。

胃腸内を整える

サラサラとした粉末状の粉で作った白玉団子は、消化が良いため胃腸内へ負担をかけずに吸収されます。また、マグネシウムやリンなどのミネラルが豊富に含まれていることから、便秘解消など体調を整える働きが期待できます。

お腹持ちがよく間食防止になる

消化が早ければお腹がすぐ空いてしまい、ついつい甘いおやつなどを食べてしまいますよね。白玉団子はお米からできているため、食べるとお腹の中で膨らみ、お腹持ちがよく間食せずに過ごせます。

 

また、黒蜜など甘いものと一緒に食べるため、血糖値が高くなり満腹中枢を上手にコントロールしてダイエット効果力をアップさせます。

糖質制限ダイエット中に白玉団子を食べる時の注意点

食べ過ぎには注意する

白玉団子が含まれたあんみつなどの甘味って、1食あたりがとても少ないですよね。そのため、ついつい2個、3個と手を伸ばしてしまいますが、食べ過ぎるとカロリーも糖質も一気に高くなり、ダイエット効果が望めません。

 

糖質制限ダイエットをしているなら、1日に一口大の白玉団子を5個以内に抑えることを心がけましょう。お腹の持ち時間も長いので、次の食事まで空く時間が長い昼食などにおすすめです。

かけすぎ、乗せすぎに注意

白玉団子だけをそのまま食べるのなら問題ありませんが、きな粉やあんこ、フルーツ缶詰などと一緒に食べる時は『かけすぎ、乗せすぎ』は注意が必要です。

 

せっかくカロリーを抑えて白玉団子を食べていても、気がついたら500kcal以上になってしまう場合も少くありません。それほど量を食べていなくても、ケーキを1切れ食べるのと同じになってしまうので気をつけましょう。

 




糖質制限ダイエット中に白玉団子を太らない効果的な食べ方

豆腐と一緒に混ぜ合わせて低カロリーにする

白玉団子はそのままだと1個あたりが高カロリーなのですが、低カロリーな豆腐と一緒に混ぜ合わせることで太りにくい食べ方ができます。

 

白玉団子はモチモチとした食感が楽しめますが、豆腐を混ぜ合わせることでふわふわとした食感も組み合わさり、いつもと違う味わいを楽しめます。どちらも淡白な味ですが、白玉団子と豆腐はほんのりとした味わいがあるので、そのまま何もかけなくても素朴な味がして美味しいですよ。

甘味ではなくおかずとして調理する

普段、白玉団子を甘味として食べる機会が多いと思います。しかし、白玉団子はほかの食材に合わせて味を変えられるため、おかずとして料理するのもおすすめなのです!たとえば、こんな白玉団子のおかずはいかがでしょうか。

 

  • 白玉団子入りコンソメ野菜スープ
  • 白玉団子で作るニラ饅頭やギョーザ
  • インパクト大!白玉団子入りチヂミ
  • 白玉団子の大根おろし乗せ

 

ヘルシーな野菜と組み合わせると、おかずが1品できますよ。

低カロリー調味料で味わう

糖質の高い白玉団子を砂糖などの調味料と一緒に食べてしまうと、一瞬で高カロリーな食材になってしまいます。調味料の中でも糖質ゼロなど低カロリーなものもたくさんあります。自然由来の甘さなどと一緒に合わせることで、ダイエット中の食事太りもあまり気にならずに過ごせますよ。

低カロリー・低糖質の白玉団子でダイエットを成功させよう。

白玉団子は少量なら低カロリーですが、食べすぎてしまうと高カロリーな食材へ変化します。また、一緒に食べる食材によって低カロリーに抑えることができるため、ダイエットを成功させるためにも注意しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加